MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

インターネット広告代理店、26歳女性からの相談
「得意科目がリスティングだけでは正直不安です。ステップアップの方法を教えてください」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2010/11/17 11:00

 凄腕マーケティングコンサルタント、青葉哲郎氏があなたの悩みに鋭いアドバイスを贈るズビスバ!相談室。今回はインターネット広告代理店に勤務する女性からの相談です。(バックナンバーはこちら)

今回の相談内容
インターネット広告代理店に新卒で入社し今年で4年目となります。現在はリスティング広告のキーワード分析と出稿管理を担当しています。仕事に成長性も感じているし、この業務をもっと極めていきたいと思っているのですが、今後のキャリアについてもぼんやりと考えはじめています。具体的には広告主側に回って、マーケティングの仕事を続けていきたいと思っているのですが、得意科目がリスティングだけでは正直不安です。どのようなスキルを身につければ、ステップアップできるでしょうか。(インターネット広告代理店勤務、26歳営業、女性)

あなたへ贈る一言

今回のズビ!

スキルアップとステップアップを履き違えるな!まずは出世!

ステップアップには苦労がともなう!

 ステップアップするために何が必要なのか? それは、いろいろなスキルを身につけ、覚えることではありません。得意分野のSEMを中心として業務にコミットし、リーダーとして働くことが大切なのです。スキルアップだけを狙って勉強しても、「スキル器用貧乏」になるだけです。

 まず、最初に取り掛かるべきは、あなたの仕事に対する「コミットメント力の向上」であり、リーダーとしての「人間力の向上」です。

 現在、インターネット代理店は、急成長しており競争も熾烈です。それはもう、仕事は大変で退職者も多く、常に人材不足に陥りがちです。人材が不足しているということの裏を返せば、20代で部長になるなど昇進チャンスが比にならないほど多いのです。

 20代で部下を持ってマネージメント経験ができるなんて、なかなかありません。せっかくインターネット代理店にいるのですから、チャンスととらえて、管理職になっておきましょう。転職だけではなく、ご家庭でのマネージメント力もつき、人生にもよい経験になるのではないでしょうか。

 最近、上昇志向ではない人が多くなったように言われますが、組織の中で昇進しなければ、本当の意味で面白い仕事はできません。より大きな仕事をするためにも昇進は大事なのです。

 昇進すると、今まで見えなかったものが見えてきたり、新しい苦労を経験することになります。その苦労が、あなたを育てるのです。苦労が人生の肥やしになります。苦労していない人は成長しません。

 あなたが今後進むべき道としては以下のようなことが考えられます。

インターネット代理店でこのまま業務を担当した場合の例
  1. このままSEMの専門性を磨き続ける
  2. より大型のプロジェクトリーダーなどを担当し活躍する
  3. 部署を統括する管理職になる~例:部署移動、あるいは広告主に転職
  4. 担当業務が変わるため→ゼロからやり直し

 4番に書いたように、まず、安易に部署移動や転職をするとゼロからやり直しとなり、今までの経験も生かされないこともあります。もちろん、何をやっても無駄になることはありませんが今の環境でベストを尽くすことが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 青葉哲郎(アオバテツオ)

    サイコス株式会社 代表取締役 東京都出身。明治大学政治経済学部卒業。1994年4月 ジャスコ (現イオン)入社。1995年マイクロソフト入社。トップセールスを経て、最年少ブランドマネージャに就任。MSN事業開発など担当。2001年インテリジェンス入社。マーケティング部を設立し『はたらくを楽しもう。』で同社を転職ブランド1位に。2008年リクルートエージェント入社。『転職に人間力を。』で新ブランドを立ち上げ、コ...

バックナンバー

連載:広告、マーケティング業界で働くあなたの悩みをズバッ! 青葉哲郎のズビズバ!相談室

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5