MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

WebマーケティングにFacebookを使おう!【1】
Facebookページ作成の目的とその方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2011/11/05 00:00

 初心者Webマーケター向けに、Facebookページ作成の目的とその方法について解説します。

Facebookページとは

 Facebookでは、企業や製品のプロモーションやブランディングを行うため、本人または公式の代理人がFacebookページを作成することができます。たとえば、MarkeZine編集部では、Facebookページ「MarkeZine」を設置しています。

 Facebookページでは、管理人がコンテンツ(テキスト、写真、動画など)を投稿したり、イベントを「いいね!」やコメントをしてくれたファンとやり取りすることが可能です。

Facebookページの目的

 Facebookページの作成自体は、それほど難しいことはありません。頭をつかうべきは、その目的と目標です。たとえば、「自社やブランドの認知度を向上させたい」「新規顧客を増やしたい」「ユーザーと企業の意見交換の場としたい」(書籍『Facebookブランディング』より)などが考えられます。作成前に明確にしましょう。

 目的と目標が明確になれば、たとえば企業名でFacebookページを作成するのか、ある特定の製品で作成するのか、どういったコンテンツを投稿するのか、誰が担当者となるのかが自ずと決まってくるはずです。また、そのうえで「ソーシャルメディアポリシー」も設定しましょう。

Facebookページ作成方法

 「Facebookページを作成」ページから始めます。個人アカウント、ビジネスアカウントどちらからでも可能です。

カテゴリ選択

 6つのカテゴリ、「地域ビジネスまたは場所」「会社名または団体名」「ブランドまたは製品」「アーティスト、バンドまたは著名人」「芸能、エンタメ」「慈善活動またはコミュニティ」から、該当するものをクリックすると、さらに詳細なカテゴリを選択できます。必要な情報を入力したら、「スタート」から始めましょう。

プロフィール写真設定

 プロフィール写真を設定します。あらかじめ画像を用意しておきましょう。手元にない場合は、スキップして先に進んでください。後から設定できます。

ファンを獲得

 Facebookページ作成をFacebookの友達や知人に知らせることができますが、この段階では、画像と基本データ程度の情報しか入力されていない状態です。この段階ではスキップし、ある程度充実してからの告知をオススメします。

 「□このページを自分のウォールでシェア」「□このページに「いいね!」する」のチェックも外しておくと、さらに安心です。

仮のFacebookページ設置

 すべてスキップした状態でも、Facebookページはいったんできあがります。コンテンツを追加するなどして、さらなる充実をはかりましょう。

 ある程度コンテンツが充実するまでは、「Facebookページの編集」から、「□Facebookページを非公開にする」にチェックを入れておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:初心者Webマーケター向けFacebook入門

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5