MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

顧客のニーズは顧客に聞く!初心者の味方、セルフアンケートツール「Questant」の魅力と可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/11/29 10:00

 先日、ネットリサーチ事業国内最大手のマクロミルがセルフアンケートASP「Questant(クエスタント)」をリリースした。従来のインターネット調査よりも低コストで、アンケート作成から実施、結果の集計まで初心者でも簡単にできる点が魅力的なこのサービス。使い方次第で、市場調査や顧客のニーズといった様々なデータを迅速に集めることができる。顧客の声を聞き、自社のマーケティングに活かしたいというニーズが高まっている今日、セルフアンケートツールの可能性をさぐる。

顧客の本音を知りたい!そんな時に役立つセルフアンケートツール

 ここ数年で日本においてもTwitterやFacebookが定着し、今日では多くの企業がソーシャルメディアを活用して顧客と直接向き合い、コミュニケーションを行っている。その背景としては、「顧客の声からインサイトを発見したい」「顧客の本音を知りたい」というマーケターの思いがあるだろう。ソーシャルメディア上に散らばった顧客の声を分析してマーケティングに活かす取り組みへの関心が高まっている一方で、より深い消費者の意識・動向調査を行うにはアンケート調査が必須である。

 そんな企業のパートナーとして、2000年からネットリサーチのパイオニアとして実績を築いてきたのがマクロミルだ。年間20,000件以上の調査を実施し、取引企業数は4,000社超、そして260万人超(マクロミルモニタとYahoo!リサーチ・モニターの登録総数延べ/2013年10月現在)のアンケートモニターを抱えている。

 そんな同社は、満を持して2013年10月にセルフアンケートASP 「Questant」 無料版をリリースした。セルフアンケートASPとは、ユーザー自身が質問項目を作成し、顧客へ様々な形で送信して、回答を自動集計できるものだ。すでに米国では、セルフアンケート市場は拡大している。例えば、世界各国でサービスを展開している米SurveyMonkey(サーベイモンキー)社は、日本市場にも約2年半ほど前から進出している。

低コストで何度でも。中小企業にも広がっていく市場と可能性

 常々、アンケート調査を行うには、多大なコスト・労力・時間がかかると言われている。また、適切なアンケート結果を得るには、論理性や整合性などを加味して調査表を設計しなければならず、素人がにわかにできるものではない。インターネットリサーチの登場で、かつてよりも低コストで行えるようにはなったが、気軽に何度もコストを気にせずに行えるレベルではなかった。

 その現状は、セルフアンケートASP「Questant」の登場で大きく変わる。低コストで手軽に、誰でも簡単にアンケートを行うことができるようになるのだ。顧客の声を集めるためにアンケートを実施できるのは、予算の潤沢な大企業に限られていた状況から、中小企業の企画やマーケティング、広報、人事や労務まで、その市場と可能性は大きく広がる

 「Questant」では、企画資料などの裏付けや、一般的な資料がないときなど、ちょっとした事前調査として気軽に何度もアンケートを行うことができる。他にも、医療や教育などの公共機関での調査や、CtoCの市場への広がりも期待されている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:FEATURE

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5