MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

データは見るだけじゃ意味がない!アクセス解析を生かす6つの活用パターン(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2007/11/14 14:00

アクセス解析はWebマーケティングの現状や課題を明らかにする重要なデータを教えてくれますが、データを上手く活用している会社と活用できてない会社があるのが現状です。今回の記事では、ビジネスに貢献するためのアクセス解析データの使い道やシチュエーションを紹介します。

アクセス解析データを活用する6つのパターン

 アクセス解析ツールの登場により、Webマーケティングの『見える化』やPDCAサイクルを通じた継続的な改善ができるようになりました。

 しかしながら、ご存知のとおり定量的にWebマーケティングの現状や施策の結果を把握し、課題を見つけても、改善のための何かしらのアクションをとらない限りWebマーケティングの投資対効果(ROI)の向上やビジネスへの貢献は望めません。

 このことを理解しているWebマーケターは多いのですが、ではどういったときに何をすべきか、という具体的な話になると、とたんにトーンダウンしてしまうことが多いようです。

 アクセス解析結果の使い道は、大きく分けて以下の6つのパターンに分かれます。アクセス解析を有効活用している会社は、このパターンのいくつかを実践しています。

パターン1 Webサイトの継続的改善のためのアクセス解析
パターン2 サイト集客施策の改善のためのアクセス解析
パターン3 サイトリニューアル前の現状分析のためのアクセス解析
パターン4 サイト訪問者の興味関心を知るためのアクセス解析
パターン5 Webマーケティング計画立案のためのアクセス解析
パターン6 週次や月次の社内向けレポート作成のためのアクセス解析

 今回の記事では、パターン1、2、3について説明します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:アクセス解析エキスパート直伝!デジタルフォレストのPVアップ講座

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5