MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

人気ラーメン店とブロガーによる震災被災地支援企画、1日500杯に挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2007/11/30 15:25

 東京の人気らーめん店、京橋「ど・みそ」と渋谷「凪」がグルメブロガーと共に、新潟県中越沖地震の被災地を支援するために、コラボ企画を立ち上げた。被災地の食材を使った特製らーめんをつくり、売上の半分を寄付する。

 今年7月に発生した新潟県中越沖地震の際、らーめん店「凪(なぎ)」が、被災地に赴き、らーめんを振る舞った。今回の企画は、この活動を知った「ど・みそ」の店主が、ブロガーのくに氏と共に「【ど・凪】コラボ企画☆」として立ち上げたもの。

 この企画では、「ど・みそ」と「凪」が共同で特製らーめんを開発し、12月9日に凪本店で一杯900円(予価)で販売、収益の50%を今後の被災地支援活動費用にあてる。らーめんの具材は新潟県中越沖地震被災地の農家から仕入れたものを使用する。

 提供するらーめんの数は、「凪」が被災地で提供した杯数とほぼ同数の500杯を予定しているが、1日500杯という数字は、有名らーめん店のコラボといえども難しい数字だという。「グルメブロガーの力だけで当日500人を集めることができるのか?これはブロガーにとって大きなチャレンジでもある」として、企画者のひとりであるブロガー・くに氏は多くブロガーの参加を呼びかけている。一般提供に先駆けて、12月2日にブロガー試食会が行われる。

「【ど・みそ+凪】×【ブロガー】=!!!【準備中】」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5