MarkeZine(マーケジン)

記事種別

伸びる宅配注文、使いやすいスマホサイトはどれだ マクドナルド、ほっともっと、モスに学べ

 ネット企業のほか、店舗運営に特化してきたマクドナルドやファミリーレストランなども「飲食業の宅配サービス」に参入しています。スマホサイトから、どのように商品を注文できるのか見たいと思います。

ルールを全面に記載し、安心感を訴求する「マックデリバリー」

 マクドナルドのデリバリーを利用するユーザーは、一度は店舗で購入した経験があるものと考えられます。その場合、いかにデリバリーサービスについて安心感を伝えるのかが、ユーザー数を増やすポイントになるでしょう。

 スマホサイトのトップページには、はじめて利用するユーザーにもわかりやすく、オーダー受付時間は「07:00~23:00」、最低注文金額「1,500円」、「デリバリー料金は308円」など、デリバリー全体にかかわる情報を掲載しています。

 メニュー等から「初心者向け利用ガイド」をタップしないとこうした情報が見られないサイトもあるため、初心者に親切な作りにし、安心感を訴求することを最優先していると言っていいでしょう。

まず「宅配エリア」を探す導線、一部地域ではがっかりするかも

 ユーザーがこのサイトへアクセスした時点で、マクドナルドのデリバリーサービスを利用したい、もしくはもう少しライトに「興味を持っている」と思っていると考えられます。

 もし、商品を選択してから、実はユーザーが住むエリアには宅配できないことがわかれば、ユーザーの期待値が大きく下がってしまいます。それを考慮して、マックデリバリーでは、まず始めに宅配することが可能なエリアを探す導線を作っています。

 サイトのトップから都道府県を選択する導線ですが、都道府県選択のプルダウンを表示すると「宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府」という順番で並んでいます。北海道や青森県、岩手県その他はデリバリーサービスが受け取れないことを意味しているわけです。

 しかしながら、デリバリーが受け取れない地域に住むユーザーは、このプルダウンを開くまではそれがわからないため、不親切に感じるはずです。プルダウン前に、ユーザーにそれが伝わる表示が必要だと考えます(続きはECzineで)

【関連記事】
実店舗の価値を再定義せよ JINS、Zoff、メガネスーパー、メガネECスマホサイトを比較
「本屋が本を売る」ために人力をフル活用 丸善&ジュンク堂スマホECサイトの役割を考える
「効果ないね」と言う前にそもそも計測していますか? Google アナリティクスでリスティング広告やメルマガの効果を計測する方法
面倒だけどなんとしても設定しておきたい Google アナリティクスのeコマース機能
BIツール「Tableau(タブロー)」とは? 使いかたとECサイトへの導入メリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5