MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【SEO】検索エンジンに翻弄されないサイトオーナーの処世術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2008/01/16 15:00

検索エンジンは常にアルゴリズムを変更し、SEOも常に革新していかねばならない。順位変動はつきものなので、事前準備と事後処理を手当てして少しでもリスクをヘッジする方策を考える必要がある。集客力がバツグンで売上や利益に大きな影響力がありながら、つかみ所のないYahoo!対策をどうすればいいのか、そもそもYahoo!対策をどのように考えるべきなのか、検索エンジンに翻弄されないサイトオーナーの処世術を述べてみる【バックナンバーもどうぞ! 】。

順位が落ちた、下がった。さぁ大変!

 去年(2007年)は、特にYahoo!のウェブ検索で頻繁に順位変動が起こった。安定上位のサイトオーナーもいたはずだが、YSTの更新のたびに一喜一憂するウェブマスターも多かったことだろう。筆者の運営しているSEO塾の見解としては、Yahoo!は更新ごとに変動を起こすようになっている。つまり順位の上がり下がりは付いて回るのである。

 そもそも、「落ちた」「下がった」という反応は、上位表示が当然で異常事態が発生したという物言いであり、誰も「正しい順位に落ちついた」と思わないところが特徴である(笑)。 もちろん、自分で上がるべきでないページが上位表示された時は、「上がった。けどおかしい」という感想はあるようだが…

 こういった順位の乱高下を免れる方法はあるのだろうか、そしてもし安定上位であり続けることがかなわぬ夢ならば、ビジネス的に望ましい選択肢は何かあるだろうか。

SEOの傾向

 さて、突然の順位変動に対して、事前に準備しておくことや、事後に対処すべきことを述べていくのだが、その前に、例えばあるページがどういう傾向のSEOによって上位表示されているのか、そのSEO傾向について、まずまとめておこう。SEOの傾向は、基本的には

(a)SEO対象ページにキーワードを書く
(b)SEO対象ページ以外からSEO対象ページがリンクを受ける

 この2点しかない。また(b)リンクは、

(b-1)サイト内部からのリンク
(b-2)サイト外部からのリンク

 がある。

 (a)キーワード記述では、タイトル、メタタグ紹介文、見出しタグ(h1・h2・h3など)、強調タグ(strong・emまたはb・i)を、コンテンツ内などに書くことが含まれる。また、キーワードの絶対量または相対量を問題視する者もいるようだ。SEO塾では「キーワード出現頻度」は無視している。なぜなら、意図的にスパムをやらない限りキーワードは適切な量が書かれるからである。

 (b-1)内部リンクでは、ヘッダやフッタ、メニュー(サイドバーなどのナビゲーション)、パンくずリスト、コンテンツ内、などからサイトのトップページやディレクトリトップ、あるいはテールページ(末端ページ)へリンクしていると思う。(b-2)外部リンクでは、自己管理の別サイトや無料ブログ、相互リンク、一括登録、あるいは有料リンクなどがあるだろう。

 ということで、SEOの傾向は、(a)・(b-1)・(b-2)と3パターンあり、かつ3パターンそれぞれにもいくつかの種類があるということである。現実には、これらが複雑に絡み合って順位に反映しているのである。次ページに続く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • アルゴリズム(アルゴリズム)

    本名:石崎和男 株式会社アルゴリズム 代表取締役。福岡商工会議所、府中商工会議所(広島県)、法人会員。独自の研究と実験や検証を元にした検索エンジン対策を確立し、テンプレート販売やランクアップ・サポートなどのSEO事業、およびウェブマーケティングを展開している。運営しているSEO塾の塾生は延べ数千人、セミナー...

バックナンバー

連載:ライオン丸の間違いだらけのSEO

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5