MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

レコメンドエンジンは導入後のチューニングが肝要、ストリームとゼロスタートのチームワークに迫る

2016/08/03 10:00

 株式会社ストリームが運営する家電通販サイト「ECカレント」にゼロスタートのレコメンドエンジンを導入。機能性を大幅アップさせるとともに、導入後のチューニングによって、レコメンド経由の売上も向上している。この背景には両社の密な連携と導入サイトに適したチューニングがあるという。詳しい取り組みをストリームの井料氏、津川氏および、ゼロスタートの出張氏に聞いた。

決め手はサポート体制と確実な効果

 ECサイトにおいて、もはや不可欠なレコメンド機能。株式会社ストリーム(以下、ストリーム)では2015年、運営する家電通販サイト「ECカレント」に株式会社ゼロスタートのレコメンドエンジンを導入し、その機能性を大幅アップさせた。

 導入後のチューニングによって、レコメンド経由の売上も向上しているという。詳しい取り組みをストリーム マーケティング部の井料修氏、津川陽平氏および、同社のレコメンド運用を支えるゼロスタートの出張純也氏に取材した。

 井料氏はストリームが運営するECサイトのデザイン構築からシステム関係まで携わるマーケティング部門を統括する人物。津川氏は、ECサイトのキャンペーン企画や、今回のレコメンドを含む、ソリューションの業者選定から導入、運営まで担当している。出張氏は、同社が提供する検索エンジンとレコメンドエンジンについて開発から運用まで携わっているエンジニア。現在、ストリームのレコメンドシステムを裏から支えている立場でもある。

左から株式会社ストリーム営業本部マーケティング部副部長井料修氏、同部課長津川陽平氏、株式会社ゼロスタートエンタープライズ事業部博士(情報科学)出張純也氏
左から株式会社ストリーム 営業本部 マーケティング部 副部長 井料修氏、同部 課長 津川陽平氏
株式会社ゼロスタート エンタープライズ事業部 博士(情報科学)出張純也氏

 ストリームは2015年、これまで導入していたレコメンドエンジンの切り替えに伴い、検索エンジンの性能評判も加味しゼロスタート製品を採用した。「業界No.1であることはもちろん、ゆくゆくは、サイト全体での改修を予定していたため、サーチエンジンとレコメンドの連携を第一に考えたときに、ゼロスタートさんが最適だと判断しました」と井料氏。

 また、一番の決め手となったのは導入後のサポート体制だという。「ツールを導入したらそれでおしまい、という企業もあるなか、ゼロスタートさんは“製品導入後も、週1回のペースでミーティングを行い、サポートしてほしい”というリクエストに応じてくださいました。ここが大きいですね」(津川氏)

リアルタイムのメールレコメンドと独自ロジックで、売上アップ

 現在、「ECカレント」のレコメンド経由の売上は、全体の約5%。以前導入していたエンジンよりも増加傾向にあるという。具体的に、どのようなレコメンドをしているのだろうか。

 例えば、メールによる動的なレコメンドがある。これはメールが開封されたタイミングで、リアルタイムにレコメンドの内容が変わるというもの。従来の一斉送信メールはメール作成時に算出されたデータに基づき商品を表示するので、情報がどんどん古くなってしまう。一方、「ECカレント」のメールは動的なレコメンドによって常にフレッシュな商品を表示できる。

 当然サイト上のレコメンドは常に検索内容や顧客行動を分析しており、「この商品を買った人はこんな商品を買っています」「この商品を見た人はこんな商品も見ています」といった一般的なレコメンド機能も「ECカレント」仕様にチューニングしている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5