MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Supershipと楽天が広告配信で連携 目指すは最適なクロスデバイスでのコミュニケーション

2017/03/30 12:00

 DSPやDMPをはじめとしたアドテクノロジーを提供するSupershipは、「楽天DSP」に技術提供している。今回の技術提供で、楽天の持つ消費者行動分析データとSupershipのオーディエンスデータを活用した広告配信・分析が可能になる。2部構成に分け、前半となる今回は両社の担当者にサービスの提供背景や概要を聞いた。

PC領域のデータを活用してモバイル領域を強化する

――まずお二人のプロフィールからお話しいただけますか。

小林:私はSupership広告事業本部ビジネス開発部に所属しています。主に行っているのは、クライアント様のデータ利活用の推進、データを活用した新規事業の立ち上げの二つです。

渡邉:私は楽天のアドソリューションズ事業におけるプロダクト開発を担当しています。以前はアドテクノロジー関連の企業に勤めていたのですが、クロスデバイスのソリューションを世に送り出したいと思うようになり、楽天ではそれができると考え、2016年12月に転職してまいりました。

(左)Supership株式会社 広告事業本部 デマンド事業部 ビジネス開発部 部長 小林賢太郎氏
(右)楽天株式会社 アドソリューションズ事業 アド事業部
データ・ファクトドリブン課 テクノロジーソリューショングループ 渡邉桂子氏

――今回、楽天とSupershipがタッグを組むことで、双方が保有する国内最大規模のオーディエンスデータを活用したターゲティング・分析が可能になりましたね。まずは両社の提供しているサービスについて教えてください。

小林:Supershipがこの取り組みで提供させてもらっているプロダクトは、「ScaleOut Ad Platform」と呼ばれているものです。同プロダクトは、DSP、DMP、オーディエンス分析サービスがワンセットになっています。DMPの中には、Supershipのオーディエンスデータが蓄積されていて、それを利活用できる環境を提供しています。

  同プロダクトを構成するサービスのひとつ、「ScaleOut DSP」も、DMPに蓄積された弊社が提携している高精度のオーディエンスデータを活用した配信、アプリ面も含めたスマートフォン領域への配信実績が評価され、順調にシェアを伸ばしております。

渡邉:楽天は国内最大規模の消費行動分析データを保有し、既存プロダクトである「楽天DSP」において、主にWebの領域でそのデータを活用可能な環境を提供してきました。そして、今回「ScaleOut Ad Platform」の技術提供を受けスマートデバイス領域を強化することができました。

――今回、連携を開始するに至った背景や目的は何だったでしょうか。

小林:Supershipは様々なデータを広告配信に活用していますが、そのほとんどがスマートフォンに関わる情報です。

 先ほどお伝えしたように、私の所属するビジネス開発部はクライアントのデータの利活用を推進する部署です。PCユーザーのデータに強みを持つ楽天様と取り組みを強化することで、PC領域もカバーしたいという狙いがあります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5