MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【検索エンジン調査】6割以上のユーザーは広告を見ているが、クリックするのは自然検索

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2008/05/19 11:10

検索エンジンが広告媒体として急成長し、ネット広告を牽引する存在となっているのは周知の事実です。今回は、検索結果に対するユーザの行動と、商品購入の期間を調査しました。【関連記事はこちらから! 】

はじめに

 Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、定点観測として「検索サービスの利用実態」に関する調査を実施した。前回の調査では、Yahoo!のユーザーとGoogleのユーザーに明らかな違いがあることが分かった。

 今回は、スポンサーサイト(Googleにおいてはスポンサーリンク)閲覧の有無、検索結果がスポンサーサイトと自然検索結果上位に表示された際のユーザーの行動、検索から商品購入までの期間について調査した。

調査概要

  • 調査対象者 :16歳~59歳の男女(性年代の均等割付け)
  • サンプル数 :500
  • 調査期間  :2008年4月9日~2008年4月10日
  • 調査方法  :インターネットリサーチ
  • 調査機関  :株式会社メディアインタラクティブ

調査結果サマリー

  1. 60%以上がスポンサーサイトを見ている。
  2. スポンサーサイトと自然検索結果の2つが表示された場合、57.8%は自然検索結果、25.8%はスポンサーサイトをクリックする。
  3. 半数近くのユーザーが、お目当ての商品を検索して、数日経ってから購入を決める。

検索結果画面のクリック率:約4割がスポンサーサイトもクリックしている

 Q1では検索結果画面のスポンサーサイトと表示された部分の閲覧について尋ねた。その結果、「たまに見ている」が55.8%と最も多く、次いで「見ない」が34.8%となった。「たまに見ている」と「よく見ている」を合わせると62.2%おり、ユーザーのスポンサーサイトへの接触機会は60%を超えていることが伺える。

 Q2では「スポンサーサイトと自然検索結果」2つの検索結果画面のクリック有無について、

  • スポンサーサイト:検索結果の上位部分(色のついた部分)と右側に表示される部分
  • 自然検索結果:キーワードを入力して検索した検索結果画面で、広告ではない部分

 上記2つの表示部分でどちらをクリックすることが多いか尋ねた。その結果「自然検索結果をクリックすることが多い」が57.6%、「スポンサーサイトをクリックすることが多い」が25.8%となった。

 Q1の結果を考慮すると、特定のキーワードを検索した際に、自然検索結果において上位表示されるようSEO対策することが重要であると考えられる。また「スポンサーサイトをクリックする」と「どちらも同じ位クリックする」ユーザーを合わせると40%以上おり、自然検索結果とスポンサーサイトの使い分けが必要だと考えられる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5