MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

第4回 変化する消費者に“響く”次世代の広告とは?

2007/04/06 08:15

さて、前回まではATLとBTL、表現するメディアのお話を中心に書いてきました。今回はさらに進んだ視点として、そこで表現するコミュニケーションの内容についてお話をしていきたいと思います。

消費者は変化している=広告コミュニケーションも変化する

 これまでの連載の中で、消費者の環境の変化、マインドの変化により、メッセージが届き難くなり、さらに、行動に結びつけるためにはThrough The Lineでのコミュニケーションが重要となっていることをお伝えしてきました。

 しかし、その接点を確保すれば、想いの伝わる広告が展開でき、消費者を動かせるとは言い切れません。それは、伝える内容も重要な要素だからです。今まで、広告の多くは、あくまでマス広告がメインだったかと思います。つまり、テレビ・新聞・雑誌・ラジオなどを基準に語られてきたのです。

 それらのメディアの多くは一方向的な告知活動であり、認知獲得メディアとしての機能しか果たせませんでした。しかし、連載の中心となっているインターネット広告の登場により、その機能に新しい展開が期待されるようになって来ました。

 「より詳細に、よりインタラクティブに、消費者にメッセージを理解させること」が、これから広告が担う役割となっていくでしょう。理解から共感へと広告の役割が変化しているのです。

 それでは「インターネットによる消費者の変化」を前提として、変革する広告コミュニケーションについて、これから解説をしていきたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5