MarkeZine(マーケジン)

記事種別

執筆者一覧

  • 高尾 将寛

    株式会社アイレップ サービスマネジメント本部 LPOコンサルティングチーム ディレクター

    1978生まれ 高校卒業後、美術専門学校に進学。空間アートを専攻し、在学中には個展などアート活動を積極的に行う。卒業後、教科書等を制作するDTPデザイン会社へ就職。時代の流れと共にWEBデザイナーへ転身。ファッション系ECサイトにて、制作統括マネージャーを遵守。キャリアアップのため、2007年アイレップへ転職。デザイナー時代に培った信念・知識のもと、LPOディレクターとして活躍中。

  • 高尾 将寛

    株式会社アイレップ サービスマネジメント本部 LPOコンサルティンググループ

  • 高木 龍平

    株式会社アイレップ グローバルオペレーショングループマネージャー。

    1976年生まれ。2000年早大理工卒業後、EDSジャパン(現 日本HP)を経て2005年アイレップ入社。各種マーケティングツールの開発、Web解析業務に従事した後、現在は海外へのソリューション提供を画策中。

     

  • 高澤 里美

    外資系IT調査会社での調査・分析、半導体産業新聞記者などIT関連分野で幅広く十数年の経験を積んだ後、フリーライターとして始動。IT分野を中心に、各種執筆活動を継続中。最近では、各種記事・原稿執筆に加え、IT関連企業各社のプレスリリース、ニュースレター、広報誌なども手掛ける。

  • 高島 知子

     フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

  • 高田 順司

    UUUM株式会社取締役。
    音楽雑誌「CDジャーナル」の編集者を経て2007年、株式会社ミクシィ入社。「mixiラジオ」「mixi公認アカウント」「mixiページ」などのコンテンツサービス企画に従事した後、 2013年にKDDI株式会社入社。音楽配信サービス「LISMO」「うたパス」などの企画、編成を担当しながら、 2014年にはKDDI∞Labo第6期メンターを務める。2015年、UUUM株式会社入社。

  • 高野 勇斗(アドウェイズ・インドネシア)

    facebook ⇒ Hayato Takano(高野勇斗)

    北海道函館出身。早稲田大学卒。インターネット広告サービスやスマートフォン・アプリの開発を行うアドウェイズに2007年に入社。大阪、名古屋、福岡に支社を立ち上げた後、「海を渡ろう」とインドネシアへ。2011年6月にPT.Adways Indonesiaを設立。ホームページやFacebook上のファンページの制作など「インターネットでのマーケティングに関わることは何でもできます」。IT業界で必要なことは「挑戦者精神(Challenge)、起業家精神(Entrepreneur)、反骨精神(Rebel)、奉仕の精神(Contribution)」と言い、既存の価値観に挑み、情報格差をなくすなどして社会貢献を目指す。ヒップホップが好き。29歳。

  • 高橋 暁子

    ITジャーナリスト、情報リテラシーアドバイザー。
    SNSなどのウェブサービス、子どもの携帯電話利用をはじめとした情報モラル教育、ネット規制、電子書籍などに詳しい。インタビューや取材も得意としている。元小学校教員であり、昨今の教育問題にも詳しい。
    本や記事の執筆の他、携帯電話やSNSなどをテーマに講演、セミナー、監修、アドバイザーなども手がける。
    著作に「Facebook+Twitter 販促の教科書 」「Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本」「Facebookで就活に成功する本」「仕事を成功に導くFacebook活用術」などのFacebook・Twitter関連本、「電子書籍リーダーをビジネスで使う本」「電子書籍の可能性と課題がよーくわかる本」などの電子書籍関連本、「子どもにケータイもたせていいですか?」などの情報リテラシー本、「仕事ができる・広がる! はじめてのLinkedIn」などのLinkedIn本、「ミクシィをやめる前に読む本」などがある。

    ・連絡先:aki-akatsuki@nifty.com
    ・公式サイト:http://akiakatsuki.com/

  • ナビプラス株式会社 執行役員 セールス&マーケティング部 部長 高橋 敏郎

    大学卒業後、インターネット広告代理店にてIT関連メディアやリスティング広告、サイト構築の営業に従事。その後、人材紹介会社におけるインターネット関連企業の採用支援業務などを経て、2010年の会社設立とともにナビプラス株式会社に参画。現在は、大手EC事業者への営業のほかマーケティングやアライアンス関連業務などを担当している。

  • 高橋 美津

    PCやネットといったIT分野を中心に、ビジネスやゲーム分野でも執筆を行うフリーランスライター。Windowsユーザー。

  • 高広 伯彦

    博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、電通、Googleを経て2009年に独立。コミュニケーションプラニングや事業開発支援を行う一方、2012年にアジア初のHubSpotパートナーとして株式会社マーケティングエンジンを設立。2013年・2014年と2年連続International Agency of the Yearを獲得した。同社退社後、現在は株式会社スケダチとしてHubSpotの導入支援・活用やインバウンドマーケティング企画支援なども行う。

  • 滝井 秀典

    日本大学芸術学部卒業。株式会社キーワードマーケティング研究所 代表取締役。 インターネットで検索されるキーワードの投資対効果を瞬時に見分けられる「言葉の研究家」。広告代理店事業、データベースマーケティング会社を経て独立。起業後わずか3ヶ月でペット関連事業のネット通販サイトを業界売上日本一にする。現在は、自ら「売れるキーワード」を発掘し、年商1億円以上の事業を、無借金かつひとりで経営する。同時に、500人以上のサイトオーナーが集まるキーワードマーケティング研究会を主催。自身のノウハウを広め、キーワード戦略を軸に年商1億円レベルの起業家もすでに輩出している。 ヤフーかGoogleで「キーワードマーケティング」と検索すればホームページが出てくる。「キーワード」を中心にしたマーケティング教材を提供している。

    1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方・儲けのネタが今すぐ見つかるネットマーケティング手法
    検索キーワードの需要からビジネスを開始してしまうという逆転の発想、キーワードマーケティング。未来の売上を予測する方程式を使い、「売れる検索キーワード」を見つけて競争優位を築く具体的な方法論を解説する。お客の心理状態を推理しやすい検索キーワードとは? クリック単価の高騰に対処する唯一の方法とは? インターネットの世界を支配する「言葉」の謎にせまる注目の新刊。

  • 滝澤 耕平

    株式会社ロフトワーク チーフディレクター。大学卒業後、大手出版社を経て2007年にロフトワーク入社。主に中規模から大規模のCMSサイトの構築や、NECのビジネスパーソン向けポータルである Wisdomの記事の運用を担当。さらにアバターや、mixi年賀状などのコンテンツも担当するなど幅広いジャンルのクリエイティブを手がける。

  • 滝澤 琢人

     App Annie リージョナルディレクター 韓国・日本担当
     1996年に自ら起業し、ウェブプロダクション、データセンター、EC、 オンラインゲームの運営、パブリッシング事業など、B2B、B2C、IT・ デジタルメディア分野で 様々なレイヤーの事業創出を17年間経験。2014年3月より日本の新規営業・ 事業開発担当としてApp Annieに入社。同年10月から日本カントリーディレクターを務め、2016年4月に韓国・日本のリージョナルディレクターに就任。

  • 田口 亮

    慶応義塾大学経済学部卒業、音楽業界を経て FOURDIGIT Inc. 入社。

    2008年、同社の取締役に就任。大手企業を中心にWEBサイト、ディレクション・クリエイションを数多く手がける。2010年より消費者の印象意見を短時間で抽出する「クリエイティブサーベイ」の事業運営に携わる。2012年、人間中心設計(HCD)専門家認定を受ける。

  • 株式会社ラクーン 企画営業部 レディースアパレルMD 竹内 翔太

    大学卒業後アパレルメーカー、株式会社エイ・ネットに入社。レディースブランド「ZUCCa」の営業を担当。 2009年に株式会社ラクーンに入社。同社が運営するアパレル・雑貨の卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」にて、企業の出展準備のサポートを経て、現在はレディースアパレル企業の新規開拓、企業コンサルタントを行う。

  • 竹内 真

    WEBメディア特化型制作/開発会社、株式会社レイハウオリの代表取締役。
    「High Performance HTML」など、技術がビジネスに直結するような自社ソリューションを開発する傍ら、自らもエンジニアとしてOSS「mobylet(Seasar Foundation)」を開発している。

  • 田島 由美子

    株式会社リクルート 住宅カンパニー 企画室 ブランドマネジメントグループ ブランドチームリーダー。

    2000年株式会社リクルート入社。入社以来Webサイトの編集、ポータル提携、集客などインターネット関連業務を担当。現在はTVCMなどのマスコミュニケーション、リアルイベント、ソーシャルメディアを活用したSUUMOの統合的なブランドコミュニケーションを担う。

  • 農業生産法人ベジフルファーム代表取締役社長 田中 健二

    暴走族「鉈出殺殺--なたでここ--」初代総長。対立していた暴走族「犯那殺多--ぱんなこった--」との抗争が終結とともに、18歳で農業関連に従事。仲卸・物流・管理・営業を通した経験を保有。「生産した後の事を深く知る生産者」として農業生産法人ベジフルファームを設立。元ボクサーであり元DJと、遊びを節操無くたしなみ、異常に長い手足で人参を引っこ抜く様は「富里のかまじい」とも称される。

  • 田中 善一郎

    ITメーカーで情報通信システムの開発に従事。その後、新聞社系雑誌社に転職。電子、通信、コンピュータ分野の記者として、LSI設計、ネットワークなどの最先端技術をカバー。90年代当初からインターネットメディアに傾斜し、ニュースメディアサイトの立ち上げに従事。雑誌社退職に合せてブログ「メディア・パブ」を2004年に立ち上げる。また監査役として、急成長するSNSベンチャーに6年間身を置く。2012年10月からフリーに。

    ■関連リンク
    メディア・パブ

  • 田中 とかげ

    1979年うまれ、東京育ち。 大学生の頃より執筆活動を開始。ネット関係の記事を主に執筆。 メインは編集。デザインもたまーに。

  • 田中 裕子

    フリーライター。

  • 田中 勇輔

    Webディレクター兼オンラインショップオーナー。海外留学中にインターネットの便利さに魅了され、帰国後に「知識ゼロ・予算ゼロ」の状態から独学でネットショップを立ち上げる。10年以上におよぶサイト運営経験を基に、現在は個人や中小企業経営者と二人三脚でのサイト制作および運営コンサルティングに奔走している。また書籍や関連セミナーのテキスト執筆なども手がけている。趣味は料理・音楽・愛犬。

  • 田中 倫太郎

    rakumo株式会社 チーフデザイナー
    UIデザインとアートディレクションを担当。記者、ライター、eラーニングコンテンツの開発、ニュースメディアのアートディレクターを経て、2008年より現職。因果性や仕組みに興味があります。

  • 棚橋 弘季

    芝浦工業大学工学部(建築学専攻)卒。マーケティング・リサーチ、Web開発等の仕事を経て2003年より株式会社ミツエーリンクスに。現在はWebを使ったマーケティングに関する企画や自社サービスの開発に従事。

  • 谷川 耕一

    ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにしたソフトハウスの経営とライターの二足の草鞋を履いている。DB Online チーフキュレーター。

  • 谷米 竜馬

    株式会社ディレクタス マーケティンググループ リーダー 兼 アカウントマネジメントグループ コンサルタント

    ハワイ大学生物学部を卒業後、京都大学再生医科学研究所にて脳発生の研究により医科学修士号を取得。卒業後は大手ECモール企業にて新規媒体開発やECコンサルタントを経て、現在はCRMに重点を置いたマーケティング戦略の立案に従事。 顧客分析から施策の提案を行い、大手クライアントの売上拡大業務に貢献。

  • 谷本 夏

    フォトグラファー
    Webサイト:スタジオ トラック72

  • 谷本 秀吉

    GMO NIKKO株式会社 取締役 マーケティング本部/アドイノベーション事業本部 本部長。ソーシャルメディア・Web広告戦略を提供するラボサイト「アド論」編集長。ソーシャルメディアやアドテクノロジー、アドプラットフォーム領域での事業・サービス開発を推進。

  • TAMA

     流通系専門紙の編集に携わる。現在、サラリーマンをしながら、フリーライターとして執筆活動中。活動ジャンルはITと流通周り。

  • 田宮 直人

    システムエンジニアとして、大手新聞社のサイトを複数立ち上げ、その後起業を経験。2011年にサイバーエージェントにエンジニアとして入社し、在籍中にアナリストに転身。その後、フリーランスとして、DMM、レバレジーズの解析周りのコンサル、構築、アナリストとして活動中。

    Twitter

    https://twitter.com/tamiyana

  • 千島 航太

    株式会社オプト メディア開発本部 スマートフォンアドソリューションプロジェクト プロジェクトマネージャー。2007年慶應義塾大学経済学部卒業、同年4月に株式会社オプト入社。モバイルセールス部リーダーを経て、2010年1月にモバイル企画開発部の部長に就任。2011年7月からメディア開発2部の部長となり、現職へ。現在はスマートフォンのネットワーク広告、アドテクノロジー対応を中心としたスマートフォン戦略立案と実行を担っている。

    ・株式会社オプト

  • 趙 南薫

    株式会社アイレップ SEOグループ SEO第3チーム

  • 月成 信裕

    1978年福岡県生まれ。ストラテジスト。株式会社大広九州ソリューション開発局WEBソリューション部に所属。多くのWEBサイト構築、プロモーション設計、プロデュース運用に従事。現在はダイレクトレスポンスマーケティング業務を中心に活躍中。

  • 株式会社PAL 代表取締役 辻 有吾

    夜間大学に通いながら様々な職種を経験し、卒業後は大手通信機器関連会社に入社。若くして部長に昇進するも、社長になる目標に向け3年で退社。2000年、物流業界に特化したPALを設立。その後、PALグループとして物流、ITのグループ会社2社を持ち、E-コマース市場にフルフィルメントサービスを展開している。

  • 辻井 良太

    CRAFT株式会社 代表取締役 兼コンサルタント
    株式会社ロックオンにてリスティング広告自動入札ツールの導入・コンサルティングを経験後、2013年アナグラム株式会社に入社。検索連動型広告の設計・運用をはじめ、GDN・YDNを中心としたディスプレイ広告の運用で、数々の通販企業の売上アップに貢献する。2016年3月にCRAFT株式会社を設立。

  • 辻 正浩

    株式会社 アイレップ SEM総合研究所
    商社で営業職を4年経験の後、広告業界に転職。テレビ番組制作会社を皮切りにいくつかの広告会社に勤務し、Web・映像・紙・イベントと幅広い媒体のディレクション・制作を行う。その中で主に取り組んだWebでは、独学でSEOにも取り組んできた。
    2007年、より高いレベルでのSEOに取り組むことを目指してアイレップに入社。SEOグループにてポータルサイトを中心としたクライアントを担当し、多くのサイトのSEOを成功に導く。現在は、株式会社アイレップ SEM総合研究所に所属。主にSEO領域を担当し、より効果に繋がるSEMを提供するため調査・研究に取り組んでいる

  • 辻村 祐揮

     1988年生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業後、フリーランスのライター/エディターとして生計を立てることを志す。現在は主に製造業関連のニュース記事作成を請け負っている。

  • 津田 高治

    USの大学院から経済学修士を取得した後、2001年よりアナリティクスを始める。流通・保険・メディア・製造など各種業界でアナリティック・コンサルティングを実施した後、SAS Institute Japanのソリューション・コンサルティング  シニア・マネージャー(現職)として日夜アナリティクスのお客様適用に研鑽を積む。趣味は料理とショッピング。

    ■講演
    Analytics 2013 - SAS® Forum Japan (http://sascom.jp/event/analytics2013)
    A-1 『アナリティクスを始めよう ―本格的成功に至る10のステップとは』

    ■関連リンク
    SAS Institute Japan株式会社
    執筆記事 ・はじめての人にもわかる「アナリティクス講座」

  • 手嶋 進

    エム・アイ・コンサルティンググループ株式会社 取締役

    1988年慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。1995年ロンドンビジネススクール経営学修士(MBA)。帰国後、ベンチャー企業(現ソニーグローバルソリューションズ)の執行役員として自社の事業開発を進める一方で、企業戦略、事業戦略立案、業務分析、システム構築などクライアント企業のコンサルティングに従事。2004年からWeb解析ソフト開発およびWebコンサルティング会社の取締役副社長として最初の4年間で事業規模を5倍以上に拡大し、その後インド法人設立や教育事業を立ち上げ、2011年に退任。同年7月より現職。

    現在、主に新規事業のコンサルティングおよび大学や企業においてベンチャー・事業開発の講師などを務める。また、Web解析の国際団体であるDigital Analytics Associationの認定試験委員会においてアジアで唯一のメンバーであり、I-COM (International Conference on Online Media Measurement)のVice Chair (Japan)でもある。

  • 寺澤 慎祐

    株式会社アイトップ 代表取締役 兼 株式会社メジャース マネージャー

    IT系商社、英国IXI社、米国SCO社、日本のベンチャー企業、サン・マイクロシステムズにおいてソフトウェア製品やITサービスのマーケティング、事業企画に携わる。現在は、企業のマーケティング顧問や分析指向マーケティング、ITマネジメントのコンサルタントとして企業のマーケティング活動、事業企画の支援を行なっている。B2BマーケティングとITマネジメントの豊富な経験が高く評価され、光産業創成大学院大学においてB2BマーケティングとITマネジメントの講師も務める。英国ウェールズ大学でMBA取得。

  • 天明 ルイス 栄一郎

    株式会社マイクロアド プロダクト開発部 マネージャー
    東京生まれ、ラテン育ちのハーフコロンビアンジャパニーズ。幼少期をコロンビアで過ごし、小・中・高校と日本に滞在。大学以降北米に在住し、フリーランスでグラフィックデザインに従事。帰国後、MicroAdに入社し、現職。

    MicroAd BLADEの商品企画・設計・広告効果改善のプロダクトマネジメントから、国内外のパートナーとのビジネスディベロップメントまで幅広く手がける。

    facebook:https://www.facebook.com/1010temmyo

  • D2Cスマイル編集部

     株式会社D2Cが運営する、デジタルマーケティングの総合オピニオンサイトです。D2Cの多岐に渡る事業担当者の知見を元に情報発信を行っています。D2Cスマイルはこちら

  • デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)

    DACは、インターネットに特化したデジタル広告ビジネスを展開しています。
    広告枠のバイイングだけでなくクロスメディアプランニングや新たな広告商品開発、ソリューション提供など、インターネット広告に関するサービスを総合的に提供するデジタルエキスパートです。

  • デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)ビッグデータ解析部

     2013年、「ビッグデータを基盤に、広告主・媒体社と生活者のコミュニケーションを豊かにする」ことをミッションに設立されたデータ解析のプロフェッショナルチーム。データサイエンティスト、エンジニアなど多様なバックグラウンドを持つデータ解析のスペシャリストたちが、日々自社プラットフォームにかかわるデータ全てを解析し、プロダクト開発や広告主・代理店・媒体社へのデータドリブンな価値提供を行っている。

  • 東城 ノエル

    フリーランスエディター・ライター
    出版社での雑誌編集を経て、大手化粧品メーカーで編集ライター&ECサイト立ち上げなどを経験して独立。現在は、Webや雑誌を中心に執筆中。美容、旅行、アート、女性の働き方、子育て関連も守備範囲。

  • 時田 浩司

    大学在籍中にアタラ合同会社にインターンとして働き始め、2013年9月に初の新卒社員として正式に参画。 ケニアで生まれ、日本と東南アジア・アフリカを行き来して幼少期を過ごす。高校より日本に定住し、2013年に青山学院大学国際政治経済学部を卒業。アタラ合同会社では主に運用型広告のオペレーションとマーケティングに従事。

    ■関連リンク
    ATARA合同会社

  • 床尾 一法

    株式会社アイレップ Web 解析グループ グループマネージャー

    自らWebサイトの運営を数多く体験し、自動車情報メディアのCMS設計やコンテンツシナリオ設計、大規模動画サイトのSEO集客設計を経て、グルメ情報サイトの集客戦略で本格的なWeb解析に取り組む。Web解析データを元にした集客戦略では、最大で前期比200%を超えるトラフィック成長も体験した。

    予算と工数を費やして投入したコンテンツが、Webサイトと事業に対してどれだけの利益やブランド認知を還元しているのか?という疑問がきっかけでWeb解析と向き合い、数値を介した「ユーザーとの対話」を重要視するようになった。

  • 戸田 隆慶

    1982年生まれ。 株式会社IMJモバイル にてモバイルサイト制作のディレクターを担当。

  • トップスタジオ

    1997年の創立以来、一貫してPC/IT関連書籍、雑誌等記事の制作業務を手掛けるプロフェッショナル集団。翻訳・編集・DTPのほか、技術監修や著作も多数。
    http://www.topstudio.co.jp/

  • Top Studio

    Top Studio-markezine 

    プロフィール後日修正予定

  • 豊澤 栄治

    株式会社ファンコミュニケーションズ サービス開発部 情報科学技術研究所 所長

    横浜国立大学経営学部、一橋大学大学院国際企業戦略研究科卒

    SPSS Japan、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー(株)、外資系運用会社(Amundi Japan)での経験を活かし、金融の分析ノウハウをマーケティング分野に適用すべく2013年2月ロックオンに入社。2015年4月より現職。クオンツファンドマネジャーとしては数理モデルに基づき2000億円超の年金資産を運用。ツールは、SPSS Statistics、Amos、Modelerの他、SASなど。最近は専らPythonとR。

  • 鳥居 匠

    (株)バスキュール プロデューサー
    消費者参加型商品開発の企画や嗜好性によるユーザーコミュニケーション設計、ストラテジーコンサルタント、ウェブプランナー等を経て現職に至る。コーポレートやIR系サイトからブランディングやキャンペーン・プロモーション系まで幅広く担当。ユーザーとクライアントとクリエイターをつないで、アナログもデジタルもリアルもバーチャルも超越してワクワクする未来をこの目で見たいと思う日々。

  • 鳥潟 幸志(ビルコム株式会社)

    ビルコム株式会社 取締役兼COO。

    1979年生まれ。
    2003年 ビルコム株式会社創業メンバーとして参画。
    2005年 ビルコム取締役兼COOに就任。以来、株式会社ユニクロ、協和発酵キリン株式会社、クラシエフーズ株式会社、株式会社BRIDGESTONE、Facebook, Inc.など国内外大手クライアントを持つデジタルマーケティングDiv.を統括し、課題設定・戦略プランニングなどに携わる。

  • 動画マーケティング研究会

    日々、動画マーケティングの最新動向や活用状況をウォッチしている研究機関。MarkeZine編集部に常駐。

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5