MarkeZine(マーケジン)

記事種別

20周年を迎えたDAZZLEがマルチエンディングで問いかける ドラマチック・ダンス・エンタテインメント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/09/02 16:53

ダンスカンパニーDAZZLEの新作『鱗人輪舞(リンド・ロンド)』の記者会見が9月1日に都内で行われ、DAZZLEメンバーと音楽を担当している作曲家 林ゆうきが登壇した。
[画像1: http://prtimes.jp/i/12949/330/resize/d12949-330-719954-1.jpg ]


大学のダンスサークルからスタートしたDAZZLEは、結成20周年を記念して10月14日(金)~23日(日)の10日間、待望の新作を『鱗人輪舞(リンド・ロンド)』を上演する。
『鱗人輪舞(リンド・ロンド)』は、幾度も繰り返される人間の愚行を見つめながら千年の時を生きてきた人魚の物語。本公演では2つの異なる結末を用意し、上演ごとに観客に選んでもらう「マルチエンディング」を採用。荒廃した世界に差し込む微かな光。その行方の決定が観客ひとりひとりに委ねられる。
この日は、『鱗人輪舞(リンド・ロンド)』の一部が披露され、10分間を超えるDAZZLEの迫力あるダンスパフォーマンスに記者たちの目は釘付けとなり、会場がまたたくまに妖しい世界に包まれた。
[画像2: http://prtimes.jp/i/12949/330/resize/d12949-330-818990-2.jpg ]


DAZZLEが20周年を迎えることについて、主宰の長谷川達也は「ストリートダンスの世界で抜きん出るには独自性こそが重要だと思い、“ダンス”がアートやエンタメとして舞台として面白いかどうかを意識してきました。僕たちが20年間続けてこられたのは、自分たちの表現に絶対的な確信があるからだと思っています。そして、なによりも一緒に踊ってくれるこのメンバーがいたおかげです」と語った。

他のメンバーも20周年への思いと今後の抱負をそれぞれ熱く語った。
「20年やってきて色んなお客様に出会え、色んな体験ができました。メンバーやスタッフ、ファンの皆様のおかげです。20周年公演を成功させて、新たなDAZZLEとしてこれからも踊り狂っていきたい」(宮川一彦)

「仲間たちと共に歩んできたこの20年、自分たちの表現を信じてブレずにやってきたことに誇りを持っています。熱意や魂を新作にぶつけ、これからも仲間とともに、スタッフ、関係者、なによりもお客様のために一歩一歩、歩んでいきたい」(金田健宏)

「ひとつひとつ目の前のことに真剣に取り組んでいるうちに20年経っていました。DAZZLEで踊ることが自分の人生を豊かにしてくれました。これからはDAZZLEの遺伝子を下の世代にも伝えたいという想いから、今年は大学などで無料のワークショップにも参加しています。現状に満足することなく、常に新しいDAZZLEとして新しい景色を見せていきたい」(荒井信治)

「ダンスを続けてこられたことを幸せに思っています。DAZZLEのおかげでいろんな経験ができました。震災の年に、ルーマニアの国際演劇祭でスタンディングオベーションを受けたことは忘れられません。新作はこの20年の積み重ねなしにはできない作品です。この先もさらに高みを目指していきます」(飯塚浩一郎)

「このメンバーと過ごす時間は、両親と過ごす時間より長い。このメンバーで続けてこられてとても幸せです。今後もダンスはこんなにすばらしいんだということを伝えていければと思います」(南雲篤史)

「僕は途中からのメンバーでしたが、この瞬間にここにいることができて幸せです。この先は世界中に“DAZZLEを知らない人はいない”と言われるような存在になりたい。20年前は自分もブラウン管の向こうのDAZZLEに憧れていたので、今後はもっと若い世代にDAZZLEみたいになりたいと思っていただけるようにがんばりたいです」(渡邉勇樹)

「僕も途中参加ですが、このメンバーでいられることを誇りに思います。30周年、40周年と、体が動く限りずっと続けていきたいと思います。新作は映画を観るような気持ちで観に来てください!」(高田秀文)

新作「鱗人輪舞(リンド・ロンド)」について、長谷川達也は「20周年を記念する不朽の名作にしたいと思い、永遠を象徴する存在として、日本の「八百比丘尼(やおびくに)」伝説にもある人魚を登場させました。タイトルの【鱗人】は人魚のことを指します。【輪舞】には、運命を繰り返す、輪廻の意味を込めています」とタイトルに込めた思いを解説。マルチエンディング方式を採用することについては、「何かを手にするには何かを失わなければならない。現代には重要な決断することを避ける傾向がありますが、観客の皆様に自分の未来を自分で選ぶ体験をしていただきたい」と新作にかける意気込みを語った。

ゲストとして登壇した作曲家の林ゆうきさんは、ドラマ『あさが来た』『リーガルハイ』シリーズ、映画『ONE PIECE FILM GOLD』『青空エール』『僕だけがいない街』などで知られる注目の作曲家。以前からDAZZLEのほとんどの舞台を手がけている。
長谷川達也によると、「元新体操選手だった林さんは、身体表現に対して音を当てていくことに長けている。踊れるだけでなく同時に感情を表現できる音楽はなかなかなく、林さんはその二つを兼ね備えているんです。さらに僕の細かい注文にも柔軟に対応してくださり、僕の想像を超えたすばらしい音楽をくださる」とのこと。
これに応えて、林ゆうきさんも、「達也さんの発注は本当に細かい(笑)。彼の頭の中ですでに音楽が鳴っている。それを形にしていくのは修業のようですが、その分、達成感がある。DAZZLEの舞台を見ると、自分のつくった音楽とダンスが、足し算ではなく掛け算になる奇跡の瞬間が無数にある。それを見られるのは作曲家冥利です」と楽しげに語った。

新作『鱗人輪舞(リンド・ロンド)』は10月14日(火)~23日(日)の10日間、池袋あうるすぽっとで上演される。
[画像3: http://prtimes.jp/i/12949/330/resize/d12949-330-334704-3.jpg ]


【公演概要】
公演名:DAZZLE結成20周年記念公演「鱗人輪舞 (リンド・ロンド)」
演出:長谷川達也
脚本:飯塚浩一郎
振付・出演:DAZZLE (長谷川達也、宮川一彦、金田健宏、荒井信治、飯塚浩一郎、南雲篤史、渡邉勇樹、高田秀文)
音楽: 林ゆうき
公演日時:2016年10月14日(金)~23日(日)
会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター) 豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
TEL.03-5391-0751
料金:DAZZLE席8,000円(最前列から3列目まで)/指定席 6,000円 ※未就学児童入場不可
[チケットのお取り扱い]
●キョードー東京 0570-550-799 オペレータ受付時間(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)
他、各種プレイガイドにて発売中
お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799 オペレータ受付時間(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

オフィシャルHP:www.dazzle-net.jp

主催:キョードー東京
企画・制作:DAZZLE/キョードー東京

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMESプレスリリース詳細へ

提供元:PR TIMES

プレスリリース一覧へ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5