「分析/測定」に関連する記事一覧

1~8件(全8件)
  • 「パンケーキ」に見る、テレビ露出と検索量の関係【次世代マーケティング教室】

    テレビメタデータを切り口にメディアシフトのダイナミズムを読み解く 「パンケーキ」というワードが関東の地上デジタル放送で放送された週あたりの放送秒数(青帯)と、そのワードがネットで検索された数(黒線)を表したグラフ。テレビで露出する秒数が増えるにつれて、検索量が伸びていることがわかる。 テレビメタデータ:テレビCMだけでなく、番組も含めた全てのテレビの放送内容を記録したデータ。民放キー5局、及び電通、博報堂の出資を受けたエム・データ社が業界標準仕様のフォーマットで作成するもの。

    2016/02/25
  • テレビCM1秒あたりが喚起する、主要アプリタイトルの検索量【次世代マーケティング教室】

    テレビメタデータを切り口にメディアシフトのダイナミズムを読み解く  テレビCMを実施している主要アプリタイトルやネットサービスの、週次S/T(Serch/テレビCM)レートを示したグラフ。S/Tレートの傾きの違いは、個々のタイトルのトレンドライフサイクルの段階の違いをある程度表している。 テレビメタデータ:テレビCMだけでなく、番組も含めた全てのテレビの放送内容を記録したデータ。民放キー5局、及び電通、博報堂の出資を受けたエム・データ社が業界標準仕様のフォーマットで作成するもの。

    2016/02/25
  • 米国における視聴計測の範囲(2015~2016年)【次世代マーケティング教室】

    テレビがネットに広がった 次は、その効果をどう計るかだ  テレビ視聴のフラグメンテーション(分散化・断片化)が進んでいる。先行する米国におけるテレビ視聴計測の範囲を図式化した。

    2016/03/25
  • ビデオリサーチ社が発表したこれからの視聴測定【次世代マーケティング教室】

    テレビがネットに広がった 次は、その効果をどう計るかだ  テレビ視聴のフラグメンテーション(分散化・断片化)が進んでおり、その対応は日本においても急務になっている。2015年12月にビデオリサーチ社が開催した「VR FORUM 2015」で発表された新しいテレビ視聴計測の考え方をまとめた。

    2016/03/25
  • インテージシングルソースパネル(i-SSP)の概要図【次世代マーケティング教室】

    テレビがネットに広がった 次は、その効果をどう計るかだ  テレビ視聴のフラグメンテーション(分散化・断片化)が進むに伴い、広告価値を多角的に見ている必用が高まっている。インテージ社が提供する「i-SSP(インテージシングルソースパネル)」もその一つであり、概要を図式化した。

    2016/03/25
  • 代表的なデータ加工方法とその概要【次世代マーケティング教室】

    データを活用する人が 知っておきたい 個人情報とプライバシー、 データ加工の手法  データ活用の現場においては、既に様々なデータ加工の手法が存在する。ここでは「匿名化」「仮名化」「統計化」についての特徴を比較している。

    2016/11/25
  • 個人情報、プライバシー権、プライバシー【次世代マーケティング教室】

    データを活用する人が 知っておきたい 個人情報とプライバシー、 データ加工の手法  混同されることが多いが、「個人情報」は個人情報保護法において定義された情報であり、「プライバシー」の権利は憲法13条の幸福追求権に基づいた概念であると考えられている。ここでは、個人情報保護法が定義する個人情報、民法におけるプライバシーの権利、さらに一般的な意味でのプライバシー、これらの三つがそれぞれどのような関係にあるのかをまとめた。

    2016/11/25
  • プライバシーと新しい様式に対するスタンスの関係性【次世代マーケティング教室】

    データを活用する人が 知っておきたい 個人情報とプライバシー、 データ加工の手法  ユーザーのプライバシーに配慮してデータ収集やマーケティング活動を行う際の考え方として、以下の二つの切り口が考えられる。この図はこれらをまとめたもの。 1.新しいサービスに対するユーザーの考え方 ユーザーが新しいサービスに対してどのような考え方を持っているかは「イノベーター理論」で説明することができる。新しい製品やサービスを最も早い段階で受け入れる「イノベーター」から最も遅い「ラガード」まで五つの区分があ...

    2016/11/25
1~8件(全8件)