SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

タブレット端末を「自宅外では利用しない」割合は4割

 まず、2013年2月調査時点におけるタブレット端末の個人所有率は、11.3%。

 タブレット端末での週1回以上利用率トップのコンテンツは、「Google/Google検索」。タブレット端末ユーザーが、タブレット端末上で週1回以上利用しているコンテンツ(Webサイトとアプリを一括り)は、「Google/Google検索」が52.1%で最も高く、「Yahoo! JAPAN/Yahoo!検索」が46.2%で続いている。

 利用率上位コンテンツをOS別でみると、アプリマーケット以外では、iOSユーザーで「Facebook」の利用、Androidユーザーで「Google/Google検索」の利用が相対的に高くなっている。性別では、男性で「Googleマップ」や「Google Play」などGoogle関連サービスの利用率が女性にくらべ高い傾向にある。

 タブレットとスマートフォンという各デバイスの利用シーンには違いがあり、タブレット端末を「自宅外では利用しない」割合は4割を超えている。高機能“携帯電話”であるスマートフォンとの携帯性の差が明らかとなったが、利用者はこれらのデバイスを併用したり使い分けたりしながら、コンテンツ利用の幅を広げている。

■「SmartPhone Contents Report vol.04」予備調査の概要
調査エリア 日本全国
調査対象者 15~69歳のPCインターネットユーザー 21,789サンプル
対象者構成 総務省「平成23年通信利用調査」より、
最近1年間のインターネット利用経験者構成割合に準じる
調査方法 Web調査
調査時期 2013年2月8日(金)~2月12日(火)

■「SmartPhone Contents Report vol.04」本調査の概要
調査エリア 日本全国
調査対象者 15~69歳の
・スマートフォン所有者 4,610サンプル
・タブレット端末所有者 1,228サンプル
計5,000サンプル(重複回答者838サンプル)
対象者構成 予備調査におけるスマートフォンもしくはタブレット端末所有者(本調査非協力者は除く)

調査方法 Web調査
調査時期 2013年2月8日(金)~2月12日(火)

【関連記事】
2012年度国内タブレット端末出荷台数、アップルが3年連続で首位に
中国都市部でのスマホ保有率は日本の約2倍の93.1%
シニア世代の“期待を上回った家電”ベスト3は「ルンバ・タブレット・食器洗い機」
タブレット端末、年齢が高くなるほど所有割合が高い
主婦の「スマホ:ガラケー」割合はほぼ「1:1」に、O2Oなど高まるスマホ活用率

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/03 15:30 https://markezine.jp/article/detail/17887

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング