SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メディア接触、4割がスマホ Google、デバイス利用に関する調査データがわかる「マルチスクリーンワールド」7月29日公開

 調査結果によれば、1日のメディア接触のうち40%がスマートフォンによるもの。利用目的は多い順に「情報収集」(41%)、「コミュニケーション」(40%)、「暇つぶし」(27%)。一方デスクトップ/ノートパソコン(以下、PC)は22%で、利用目的は「情報収集」(59%)、「仕事」(29%)、「暇つぶし」(21%)がトップ3を占めた。

 ユーザーはスマートフォンのみ、PCのみといった使い方をしておらず、さまざまなデバイスを使いまわす「マルチ・スクリーン」化しているという。

 Googleの丹下智貴氏によれば、「マルチ・スクリーンの利用タイプは大きく分けて2つ。あるデバイスで始めた行動を他のデバイスに引き継ぐ『引継利用』、複数のデバイスを同時に利用する『同時利用』。とくに、Googleでは検索の観点から『引継利用』に注目しています」とのこと。

Google 広告ソリューション推進本部 プロダクト&ソリューション スペシャリスト 丹下智貴氏

 引継利用では、多くのユーザー行動の起点はスマートフォンだ。「情報検索」「ウェブサイト閲覧」「ショッピング」は7割がスマートフォンを起点とし、その後をPCやタブレットに引き継いでいるという。

 「同じ検索でも、デバイス、所在地、時間帯などの条件によって求めている情報は異なります。今年2月から始まった、AdWordsのエンハンストキャンペーンはこうしたユーザー行動を踏まえたものです」と丹下氏。

 エンハンストキャンペーンの成功事例としては、転職サイト「ビズリーチ」の新規会員登録が80倍以上に、コンタクト通販サイト「レンズモード」のスマートフォン経由の売上が15倍になった(いずれもエンハンストキャンペーン前後の比較)などが挙げられた。

 マルチデバイスに関する調査結果は、7月29日に公開される「マルチスクリーンワールド」(http://multiscreen.withgoogle.com/)で見ることができる。

【関連記事】
・Google アナリティクスの新機能「ユニバーサル アナリティクス」 登場! ウェブ広告の進化形「エンハンスト キャンペーン」とは?
アイレップ、Google「エンハンスト キャンペーン」へのスムースな移行を実現する「スマートフォン入札最適化支援ツール」
佐川急便、Google AdWordsのトライアル販売を開始
Google、第三者配信への対応などを踏まえて「AdWords」の利用規約を変更

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング