SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、アドテク本部設立へ

 サイバーエージェントは、10月1日、アドテクノロジー分野におけるサービスの開発強化を目的に、専門部署となるアドテク本部を設立する。

 近年、インターネット広告において、広告配信の最適化やメディアの収益最大化という観点から、アドテクノロジーの重要度が高まっている。サイバーエージェントグループにおいても、スマートフォンアドネットワークの「AMoAd」やリワード広告の「CAリワード」、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」などアドテクノロジー分野におけるサービスを多数提供している。

 これまで、同社は各子会社を通じてアドテクノロジー分野におけるこれらのサービス開発していたが、各サービスの開発部門を横断して組織化する専門部署として、このたびアドテク本部を設立、エンジニアの横断組織であるアドテクスタジオ設置する。アドテクノロジーにかかわるエンジニアを組織化することで開発効率を上げ、各サービスの技術力および精度強化を図る。

【関連記事】
CyberZと米41st Parameterが提携、ブラウザ起動や端末IDを利用しないプライバシーに配慮した広告効果測定を実現
CyberZ、スマホ広告向けソリューションツール「F.O.X」を「LINE フリーコイン」と連携
スマートフォン広告市場規模、2013年には1,000億円突破か【CyberZ調査】
ヤフーとサイバーエージェント、「Yahoo!検索」と「Ameba」連携開始
サイバーエージェント、米TURN社「Campaign Suite」の取扱いを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング