SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE事業売上額は99億円(2013年7-9月期)~ゲーム課金は約6割、スタンプ課金は約2割を占める

 LINE株式会社は、11月7日、2013年7-9月期の業績を開示した。2013年7-9月期(3Q)の同社の売上額(LINE PLUS・LINE Business Partners・データホテル連結業績)は、191億円(前四半期比48.0%増)となった。

 また、基幹事業であるLINE事業の売上額は、売上高をグロス計上(総額表示)からネット計上(純額表示※)に変更し、99億円となり、従来のグロス計上で換算した場合は156億円(前四半期比58.3%増)であった。ネット計上ベースのLINE事業における売上構成比は、ゲーム課金(約60%)、スタンプ課金(約20%)のほか、公式アカウント・スポンサードスタンプ等となった。

 現在、LINEは世界2億8,000万人のユーザーに利用されている。直近では、インドにおけるプロモーションを強化し、既にインド国内では1,000万人以上のユーザーを擁しているほか、中南米に加え、トルコ・イタリア等で新規ユーザーが増加している。

 LINE GAME事業においては、現在総計39タイトルを展開。今秋より、フィンランドなど欧州のデベロッパーとも連携し、新たなタイトルを展開している。主要なタイトルについては、引き続き、言語対応などのローカライズを行っていく予定。

 加えて、スタンプ事業については、300以上の有名キャラクターを起用しているほか、世界で活躍するスポーツ選手をキャラクター化し、グローバルでスタンプ配信するなど、幅広く展開している。

(※)同社の適用しているネット計上とは、GoogleやAppleなどのアプリストアに支払う30%の決済手数料を除いた金額のうち、開発会社との契約に基づいて弊社が受け取る金額だけを売上として計上したもの。(ネット計上対象サービスは「LINE GAME」および「LINE マンガ」のみ)売上計上方式の変更による損益への影響はない。

【関連記事】
LINE事業売上額は97.7億円(2013年4-6月期)~ゲーム課金約5割、スタンプ約3割を占める
LINE、ディズニーとスマホ分野におけるビジネス連携拡大、LINE GAME展開へ
高校生の67.2%がLINE、23.2%がTwitterを利用【Z会調査】
「LINE ウェブストア」国内先行オープン~決済手段拡充によりユーザーの利便性を向上
LINE GAME、世界累計ダウンロード数2億件突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング