SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オフライン行動に対するWebサイトの貢献度を定量化!IMJ、「O2O貢献度分析サービス」提供開始

 IMJのMarketing & Technology Labsは、「O2O貢献度分析サービス」の提供を開始した。同サービスはユーザ個々のWebサイトの閲覧履歴と、オフライン行動におけるアンケートを統計解析の手法を用いて分析。ユーザーの来店確率を算出するモデルを構築する。モデルをもとに、任意のコンテンツを閲覧すと来店確率がどれだけ上がるかといった、影響度を算出し、WebサイトのKPI策定やPDCA運用に向けた施策案を導出する。

 O2Oやオムニチャネルというキーワードが注目を集める昨今、「店舗送客などのオフライン行動に対する、Webサイト貢献度の定量化」や、「貢献度を高めるためのKPI設定と施策」という課題の解決は、マーケティング担当者にとってますます重要になっている。最近では、店頭への来店センサー設置によるスマートフォン等での来店計測も行われるようになっている、システムの導入が難しい企業では、来店行動とWebサイトの閲覧行動との関係構造の解明は困難だ。このような背景を受け、同サービスの提供に至った。

【関連記事】
順番待ち予約サービス「EPARK」、iBeacon使用したO2Oサービスを開始
サンシャインシティ、O2Oソリューション「スタンプス」を利用した女性向けキャンペーン実施
オーリックとユミルリンク、メールとWeb行動解析を連携
ペンシル、サイト訪問者の行動をリアルタイムで確認可能に
DeNA「サンドラッグ.com」、サイト内の顧客行動分析にヒートマップツール「Pt engine」を採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/09 16:00 https://markezine.jp/article/detail/20461

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング