SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Rocket FuelがDMPの[x+1]を買収、マーケティング・クラウド市場に参入

 Rocket Fuelは5日、[x+1]の買収を発表した。[x+1]の企業価値は2億3000万ドルと見られ、買収にあたってRocket Fuelは、現金1億ドルと普通株式540万株を提供する。

 ニューヨークに拠点を持つ[x+1]は、DSP、DMP、タグ管理、モバイル広告技術などを統合した「Origin Programmatic Marketing Hub」というプラットフォームを提供。予測最適化エンジンを搭載したDMPは完全にDSPと統合され、ファーストパーティ、サードパーティデータを使って、マーケティングに関する決定を予測。これによって[x+1]は、マーケターが自ら広告費を運用することを可能にする。

 また、OriginはForresterがDMPとDSPの2つの領域においてリーダーと認めた唯一のプラットフォームである。[x+1]のプラットフォームからのデータの統合によって、Rocket Fuelは機械学習メディアバイイングアルゴリズムを強化したい考えだ。

 さらに、今回の買収は、Rocket Fuelにとって、デジタルマーケティング・エンタープライズSaaS市場への参入も意味する。ここには、Oracle、Salesforce、Adobeのほか、Sprinklrといった新興企業もいる。ADWEEKは、メディアバイイング企業であるRocket Fuelが、DMPを提供する[x+1]を買収したことに注目。なぜならその顧客には、intuit、Discover、Allstateおよび日産が含まれるからだ。両社は今後、Fortune 100から中小企業にいたるまで、あらゆる規模の企業およびエージェンシーにソリューションを提供。さらに、Rocket Fuelのソフトウェアライセンスビジネスも拡大する。

【関連記事】
GroupM、2014年末までにオープンなアドエクスチェンジから広告予算を引き上げる方針
Rocket Fuel、人工知能で業界平均より高いブランドリフトを実現するプログラマティックバイイングソリューション「Rocket Fuel Audience Guarantee」
リクルート、人工知能を使ったダイエット・フィットネスアプリ「Noom」を運営する米Noomに出資
「プログラマティックは驚異ではない」コンデナスト社が提示する、メディア企業がプログラマティックを推進する3ステップ【Maxifier Tokyo Summit 2014】
ABC、動画広告Videologyの元ヴァイス・プレジデントをプログラマティックセールスの責任者に指名

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/08/06 11:45 https://markezine.jp/article/detail/20662

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング