MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AOL、テレビのターゲティングと分析を一気通貫で可能に

2014/09/30 14:00

 AOLグループ傘下でプログラマティックバイイングやデジタルマーケティングを担うAOL Platformsは29日、テレビのターゲティングと分析を一気通貫で行うことができるテクノロジーが利用可能になったと発表した。これによって広告主とエージェンシーはテレビメディアへの投資のより深い理解を得られるだけでなく、テレビを通じて、より予測可能な、ターゲティングされた、効果的な方法によって求める消費者にリーチすることができる。

 マーケターは自社のファーストパーティデータを、あらゆるテレビメディア環境における、ターゲティング、プラニング、最適化、測定、アトリビューションにシームレスに用いることが可能になる。このプラットフォームは、独自の視聴率評価指標「tRatio」によって、個々のネットワークや放送時間帯、番組がいかに正確にターゲティングされているかを評価。マーケターは、何百ものサイコグラフィック、購買行動、関心属性、そして消費者の反応の予測を多角的に比較して、ターゲティングすることができる。

 従来のテレビ番組放送向けのプラットフォームでは、匿名化された顧客プロファイルを広告主のファーストパーティデータから作り出し、40万以上の異なるテレビ番組放送のオーディエンスのプロファイルと自動的に比較。今後はさらに進化したテレビのターゲティングと分析との統合へと向かう。

 テレビターゲティングとアナリティクスの技術、およびtRatioは特許を取得。AOL Platformsはさらにオープンなアーキテクチャの構築を推進し、テレビメディアのバイイングのためのデータのエクスポートを可能にする。また、AOL PlatformsはIPGの主要なテクノロジーパートナーとなり、来年には広告費の50%を自動化するという目標へ向かって前進を続けるとしている。

【関連記事】
米メディアの広告収益に明暗、好調のデジタルメディアは2017年にテレビを抜くとの予測
AOL Canada、100%プログラマティックバイイングに移行
ABC、動画広告Videologyの元ヴァイス・プレジデントをプログラマティックセールスの責任者に指名
TVCM、インスクロール、InStream動画広告のかけ合わせで「広告認知率」は高くなる
動画広告のインプレッションの12%が非動画環境で発生、問われる動画再生の質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5