SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フィードフォース、Facebookのフィードに動的リターゲティング広告を配信する新サービスをリリース

 フィードフォースは、Facebookのニュースフィードに動的リターゲティング広告を配信する広告サービス「Feedmatic(フィードマティック)」の提供を開始した。Feedmaticは、同社がソーシャルデータ分析やデータフィードなどで培ったノウハウと独自技術によって開発したFacebook広告配信プラットフォーム。

 Facebookのニュースフィード(PC/スマートフォン)に「マルチプロダクト広告」形式で動的リターゲティング広告※として表示することができる。FacebookのIDを使用するため、従来のリターゲティング広告では難しかったクロスデバイスでのリターゲティングが可能となっている。

 リリースに先駆け実施したテスト配信では、従来の動的リターゲティング広告と比較し、CTR、CPC、CPAともに最大で10倍以上のパフォーマンスを記録。高い広告効果を証明することに成功している。今後同社は年明けを目処に、各業界の大手企業を中心に順次サービスを提供していく予定。

 ※動的リターゲティング広告とは:ユーザーのサイトでの閲覧履歴や行動を元に、最適な情報を動的にレコメンドして表示する広告。「マルチプロダクト広告」形式を利用することで、ユーザーに最適な3つのアイテムをニュースフィード内に表示することが可能となる。

「マルチプロダクト広告」形式の商品広告イメージ
「マルチプロダクト広告」形式の商品広告イメージ

【関連記事】
ランサーズ、フィードフォースと連携~広告出稿作業に伴うデータ作成のアウトソーシングが可能に
Facebook、位置情報を使った新広告サービス「Local Awareness Ad」提供開始
FacebookがAudience Network正式提供、サードパーティアプリでターゲティング可能
英国で急成長するソーシャルメディア広告、そのほとんどはFacebookへ
オラクル、クロスチャネルマーケティングソリューション「Oracle Responsys」提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング