SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、月額1~3ドルの寄付で広告を非表示にし、サイト運営を支援する「Contributor」

 「Contributor by Google」のトップページには、「今日のインターネットは、ほとんど広告から資金を得ている。しかし、あなたが毎日訪れるサイトを作っている人々を、直接サポートできる方法があったとしたら?」という言葉が掲げられている。

 「Contributor by Google」は月にいくら寄付するかを決め、このプロジェクトに参加しているサイトを訪れ、そのサイトを支援するしくみ。月額は1~3ドルの範囲から選択し、寄付した人がそのサイトを訪れると、寄付金の一部がサイトをつくっている人々に届けられる。

 寄付をすると、通常広告が表示されるスペースがピクセルパターンで埋められ、寄付した人への謝辞が表示される。現在の参加サイトは、Urban Dictionary、Mashableなどまだ数サイトにとどまっている。

【関連記事】
Google、スマホ広告の表示/非表示をユーザーが選択できる「モバイル アンカー広告」
Twitter、特定の人を非表示にできる「ミュート機能」を追加
Y Combinatorが投資ルールを変更、クラウドファンディングとの統合も示唆
米国人の6割が「インターネット広告」を無視
ローソンがGoogleの位置情報ゲーム「Ingress」とコラボか? そのゲーム世界と「リアル課金」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/25 12:03 https://markezine.jp/article/detail/21448

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング