SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第66号(2021年6月号)
特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通PRとCCPR、インフルエンサーを活用したコンテンツマーケティング領域で提携

 電通パブリックリレーションズ(以下、電通PR)は、サイバーエージェントの連結子会社であるCyberCasting&PR(以下、CCPR)と、インフルエンサーを活用したコンテンツマーケティング領域での業務提携を開始した。今後両社は企業とタレントをマッチングさせたコンテンツプログラムのプランニングやプロデュース、「Ameba」のオフィシャルブロガーを中心としたインフルエンサーデータベースの構築、コンテンツマーケティングの成果指標の共同開発などを行っていく。

 コンテンツマーケティングは現在注目されている手法。生活者にとって価値のある情報を企業がコンテンツ化して提供することで、両者の間にエンゲージメント創出を狙うことができる。一方、ソーシャルメディアの普及に伴い、有名タレントなどを中心にインフルエンサーが、生活者の消費行動に大きな影響を与えるようになっている。

 これらを組み合わせて企業のPR活動に活用したいというニーズは高まっているが、体系立った手法は確立していない。このような状況を背景に、ソーシャルメディア、デジタル・マーケティング分野を専門とするコンサルタントを抱える電通PRと、「Ameba」で培った芸能事務所とのリレーションを持つCCPRは、今回の提携に至った。

【関連記事】
アイオイクス、コンテンツマーケティング専業会社「エコンテ」設立
オールアバウトがイノーバと業務提携、コンテンツマーケティング支援事業を強化
電通九州と電通PRによる熊本県PRプロジェクト、 「世界のベストPRプログラム50選」に選出
CA、スマホゲームアプリ特化型ダイナミックリタゲ広告「Dynalyst for Games」リリース
サイバーエージェント、スマホ特化型動画アドネットワーク「LODEO」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング