SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCC、ヤフーとの情報連携をスタート

 2014年5月7日に発表された「ヤフー株式会社発行のIDを指定IDとするT会員向け特約の施行」にしたがって、ヤフーとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の間で、4月1日から以下の情報連携を開始する。CCCの発表によると、情報連携の対象は、Yahoo! JAPANにおいて「Tポイント利用手続き」をした人に限定し、CCCからYahoo! JAPANへの情報提供を希望しない人は手続きが可能。情報連携の内容は以下のとおり。

1. クライアントに対する統計レポートの提供
Yahoo! JAPANは、特定のクライアントによって出稿された広告に関する閲覧履歴情報を、特定の個人を識別することができないように加工した上でCCCに提供し、CCCは特定の商品に関する購入履歴情報を、特定の個人を識別することができないように加工した上でYahoo! JAPANに提供する。

これにより、Yahoo! JAPANとCCCは、自社の媒体でクライアントがどのように広告出稿することが効果的であるかを分析した統計レポートを作成し、それぞれのクライアントに提供する。

2. Yahoo! JAPANの広告配信でのCCCの顧客傾向データの利用
CCCは、利用者が購入した商品、利用したキャンペーンおよびサービスの履歴(Tポイント利用履歴を含む)に関する情報や顧客傾向データを、Yahoo! JAPANに対して特定の個人を識別することができないように加工した上で提供する。Yahoo! JAPANは、個人を特定することなく上記情報を行動ターゲティング広告の配信の精度を高めるため利用する。

 Yahoo! JAPANからCCCへの情報提供については、Yahoo! JAPANのプライバシーポリシーでその詳細が公開されている。

【関連記事】
ヤフー、CCCとポイント・IDを統合へ~ネットとリアルを横断した日本最大の共通ポイントサービス誕生
ヤフー、生活シーンにおけるメディア利用実態を調査~結果をインフォグラフィックで公開中
ヤフー3Q決算発表、ゲームパブリッシング事業も開始、スマホシフトの第2段階は「アプリとマネタイズ」
マイクロアド、CCCが保有する実店舗の購買データを活用した広告配信開始へ
スマホ版「Yahoo!ニュース」、リッチ広告フォーマット「プライムカバー」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング