SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、次世代型クリエイティブプロジェクト「恋する芸術と科学」ラボを本格始動

 博報堂は、文理芸と産官学の融合によって新しい未来を創造する次世代型クリエイティブプロジェクト「恋する芸術と科学」ラボを立ち上げ、6月より本格的に活動を開始した。長期視点での社会トレンドを踏まえた企業成長へのシナリオサポート、クリエイティブコンサルティング業務、大学機関との共同研究、政府・地方自治体への成長戦略立案、投資機関との提携によるビジネススキーム確立を目指す。

 なお、同プロジェクトのリーダーはこれまで数々の企業や政府案件のターンアラウンドに携わり、2012年から2014年まで雑誌『広告』の編集長を務め、世界経済フォーラム・ヤンググローバルリーダーズに選出されたクリエイティブディレクター市耒健太郎氏が務める。

 同プロジェクトでは、クリエイティブディレクター、デザイナー、プログラマー、データサイエンティストといった各専門分野のリーダーを結集し、日本らしさとグローバリゼージョン、デザインとテクノロジー、企業営利とサステイナビリティなど、対立しがちな視点を高次元融合することで、これまでにないより大きな目線で社会と企業の課題を解決していく。

【関連記事】
情報感度の高いアジア女性のレポーターズ・パネル「博報堂亜女子会議」スタート
博報堂、デジタル・クリエイティブ・エージェンシーの米Digital Kitchen社を買収
博報堂DYグループ4社、 ECサイト上での購買行動を軸にしたシステムを開発・実証実験スタート
博報堂、1960年以降の社会を映し出す「ことば」を集めたサイト「ことば社会年表」を開設
博報堂とメタップスが業務提携、TVCMとweb、アプリ広告組み合せたアプリ集客ソリューション提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/06/12 08:00 https://markezine.jp/article/detail/22596

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング