SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニールセン、TwitterとFacebook上のテレビ番組関連の会話を計測するサービス提供

 ニールセンは、ツイッター上でのテレビ番組関連の会話のリーチを測定する「Nielsen Twitter TV Ratings」にフェイスブックの会話計測を組み込むことを発表した。「Nielsen Social Content Ratings(ニールセン・ソーシャル・コンテンツ・レイティングス)」として提供され、今後インスタグラムの計測も追加される予定。

 「Nielsen Social Content Ratings」は、フェイスブックとツイッター上で交わされる番組関連の会話を網羅的に計測する商品。計測されるのは、ソーシャルメディアでの発信(例: ポスト、ツイート)、エンゲージメント(例: コメント、“いいね”、返信、リツイート、シェア)、リーチ(利用者数とインプレッション)、そして、利用者属性(例: 性、年齢)。

 なお、機能拡張後は、現在Nielsen Twitter TV Ratingsが提供されている市場(オーストラリア、イタリア、メキシコ、北米)で、2016年第1四半期に導入される予定。

【関連記事】
電通、番組やCMに合わせコンテンツ配信できる「TV Live Meta Module(β版)」を開発
エム・データとライフログ総合研究所、テレビビッグデータ分析サービス「TV Rank」正式リリース
VOD・SVODの利用時間は昨年の5倍以上/SVOD複数利用層は5%に留まる【ニールセン調査】
ニールセン、収入がメディアの利用状況に及ぼす影響を分析
ニールセン、“広告が実際に見られたか”検証できるオプションを「デジタル広告視聴率」に追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング