SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、動画ブランディングの価値追求する研究所「Branded Movie Lab」を設立

 オプトは、デジタル時代におけるブランドコミュニケーションを追求する「デジタルブランディングプロジェクト」を立ち上げた。そして第1弾として、パシフィックボイスと共同で、動画によるブランド価値向上を追求する研究所「Branded movie Lab」を設立した。

 オプトでは、2015年にブランドコミュニケーション専門の部門を新設した。ブランド広告主に対し、オンラインビデオやソーシャルメディア、コンテンツマーケティングなど、デジタルを起点としたブランド戦略立案・実行の支援を行ってきた。そしてこの1年の取り組みや研究を基盤に、ブランド広告市場におけるデジタル活用を活性化させるため、同社は今回の新プロジェクトの発足に至った。

 また、プロジェクト第1弾として設立された「Branded movie Lab」では、ブランデッドムービーの位置付けを、「コンテンツ自体が魅力・価値を持ち、オーディエンスとの繋がりを生むブランドのメッセージがあるもの」と定義。そして従来のニーズやマーケット調査、動画による生活者の態度変容・購買活動への影響度の可視化、表情解析などの先端手法による分析を取り入れることで、企業と生活者の新たなコミュニケーションを創出していく。

【関連記事】
オプト、アプリプロモーション支援行う「Spin App」のリテンション機能を強化
オプト運営のkakeru、SNS活用したイベント実施をサポート~第1弾はローソンと開催
オプト、アドテク開発・強化を目的とした新組織「Opt Technologies」設立
オプトとテレビ神奈川、共同でインバウンド向け動画配信事業を開始 クーポン配布やECも可能
オプト、TVCMとWeb広告の最適化を一気通貫で行うサービス「BLEND.TxD」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/09 08:00 https://markezine.jp/article/detail/24551

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング