SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DAC等、音声によるコンテンツ認識技術を活用した広告配信システムを独自開発

 D.A.コンソーシアムホールディングス(DACHD)と、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、ユーザーがオフラインで視聴中のコンテンツや広告(例:テレビやラジオ、屋外広告)を音声をもとに特定し、その視聴状況に応じて広告を配信するシステムを開発。特許を取得した。

 同システムは、ACR(※)を活用し、テレビやラジオ、屋外広告から発せられる音の特徴をスマートフォンのマイクを通じて捕捉することで、ユーザーが視聴しているコンテンツや広告を特定。DACのDMP「AudienceOne」と連携させることで、ユーザーごとのオフラインメディアへの接触状況に応じた最適なデジタル広告やコンテンツのターゲティング配信が可能となる。

 DACは同システムの活用によりマスメディアとデジタルメディアを掛け合わせた新たなマーケティング手法を提供していく。

ACR(Automatic Content Recognition):現在視聴されているコンテンツの映像や音声等を分析し、そのコンテンツが何かを特定する技術。

【関連記事】
DAC、音声による広告配信に対応したアドサーバー 「FlexOne APE」の提供を開始
電通、「プログラマティック・オーディオアド」をローンチ~音声広告の新たな可能性を追求
富士通研究所、会話音声から顧客の満足や不満を特定する技術を開発
ヤマハ×横浜市交通局、バスのガイド音声を多言語に翻訳表示する実証実験を開始
DSP「MarketOne」、日経のオーディエンスデータ活用した広告配信可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング