SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMP、ヤフーと提携しテレビの実視聴とWeb行動データを統合したプラニングツールを提供へ

 Handy Marketing、博報堂DYメディアパートナーズ、ヤフーは、テレビCMとネット広告を横断的に評価・計画できる次世代型メディアプラニングツール「Handy Media Planner」を提供することに合意した。

Handy Media Plannerの概要
Handy Media Plannerの概要

 「Handy Media Planner」は、「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」の約8,000人分の広告接触データを含む、10万人規模のテレビCMおよびネット広告の広告効果データを活用。テレビCMとネット広告を組み合わせた最適な出稿パターンを提示する。

 また、あらかじめ決められた出稿計画におけるリーチや認知、態度変容を推計することも可能。テレビCMとネット広告を同一指標で評価することで、それぞれの最適な出稿計画を導くことができるとしている。

 「Handy Media Planner」が活用する「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」は、関東・関西に居住する約8,000人の調査モニターの24時間365日のテレビ実視聴データとヤフーサイトの行動データを紐づけた調査パネル。ヤフーが構築した同パネルを活用することで、同一モニターのテレビCM視聴行動と検索行動の関連性や、テレビCMとネット広告接触の複合効果を分析できるようになる。

 なお、Handy Marketingは2016年に博報堂DYメディアパートナーズとヤフーによって設立された企業。データマーケティングに特化し、メディア横断の統合マーケティングの研究やソリューション開発を行っている。

【関連記事】
テレビCMとCMerTVのスマホ動画広告PVNとのクロススクリーンシミュレーションが可能に
博報堂DYメディアパートナーズが「スマートメディアラボ」を設置
博報堂DYデジタル、博報堂DYMP、シナラ、CMの接触・非接触を推定するターゲティング広告を提供
博報堂DYMP、ヤフー、DACが共同で新会社設立 データマーケティング関連のソリューションを開発
電通、TVの実視聴ログデータとデジタル広告配信を連携するマーケティングプラットフォーム提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング