SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂とゆめみが資本業務提携、マーケティング活動におけるUX開発支援サービス提供へ

 博報堂は、6月15日、ゆめみと資本業務提携を締結・協業していくことを発表した。これにより、両社は企業のマーケティング活動における顧客体験(UX)開発支援サービスを提供していく。今後は、博報堂が保有する様々な生活者データとゆめみが持つ技術開発力を融合させた新たなソリューションも共同で提供していく予定だ。

 近年、企業の経営戦略において、デジタル領域への対応は、競争力を左右する最重要課題として認識されている。それに伴い、企業のマーケティング活動においても、スマートフォンやIoT領域のテクノロジーを最大限活用した基幹サービスの開発による顧客体験(UX)の創出が、必須の要件になりつつある。

 洗練されたUXを安定して提供していくためには、マーケティング戦略の立案やカスタマージャーニーの設計力に加えて、タッチポイント毎に最適化されたアプリの設計・開発・運用力、企業の基幹システムやデータ分析基盤との連携開発力、大容量のトラフィックに対応したインフラ基盤構築力等、高度かつ総合的なサービス運用ノウハウが必要だ。このような新たなクライアントニーズに対応する目的で、両社はこの度の取り組みに至った。

【関連記事】
博報堂マグネットとIROYA、オムニチャネルを推進するプロジェクトを発足
電通と博報堂DYMP、TBS、日経、テレ東、WOWOWが新会社を設立
博報堂DYMP、ヤフーと提携しテレビの実視聴とWeb行動データを統合したプラニングツール提供へ
ゆめみ×セレス、「ビジネスサイエンスAIラボ」を設立
ゆめみ、ポイントサイト運営するセレスと提携~新たなO2Oサービスの開発へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/06/19 15:30 https://markezine.jp/article/detail/26667

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング