SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYデジタル、ブランディングの効果最大化を目指した取り組み始動 専門チームも発足

 博報堂DYデジタルは、広告主企業のマーケティング効果を最大化するためのデジタルを活用したブランディング活動支援を目的に専門チーム「digital branding next」を発足し、独自のプラニング・ウェイの確立とソリューション開発を推進する「Hakuhodo DY digital_branding」を始動した。

 同取り組みでは、「digital branding next」を軸にターゲットリーチや認知、好意、購入意向などの各種ブランド指標を最大化するため、「メディアプラニング」と「クリエイティブ開発」、それらを精緻に検証していく「メジャメント」の3つの領域において博報堂DYグループ独自の手法を確立。その結果として競争力のあるソリューションを継続的に開発していく。

 また、2017年8月にリリースしたデジタル広告の透明性や品質改善に全方位で対応する「Hakuhodo DY MQM_」(MQM:Media Quality Management)もこの取り組みに含めることで、広告主企業のマーケティング効果の向上とともに、業界の健全な発展にも貢献する狙いだ。

 なお、この取り組みはデジタル領域を起点としながらも、博報堂DYグループの主要領域であるテレビをはじめとしたマスメディアとデジタルを組み合わせたクロスメディアの範囲まで包括的に対応していく予定となっている。

【関連記事】
博報堂DYMP・ヤフー他、視聴ログやWeb上のCVデータ用いたテレビCMプラニング支援を提供開始
2018年にヒット予想ランキングを発表 キーワードは「ひとり助け」【博報堂生活総合研究所調査】
動画サービス、利用率が76%に/テレビ局運営サービスの利用率増【博報堂DYMP調査】
博報堂DYMP、オーディオビジネス市場の拡大目指し新組織を設立 音声広告配信事業など展開
博報堂DYデジタルとLINE、広告効果測定の精緻化目指したプロジェクト始動 独自の指標確立へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/12/05 16:15 https://markezine.jp/article/detail/27582

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング