SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEの運用型広告、友だち追加課金型の新メニューを提供

 LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」および「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、新メニュー「LINE Ads Platform CPF(Cost Per Friend)」の提供を開始した。

 新メニューは、「LINE Ads Platform」のインフィード広告を通じて法人向けLINEアカウントの「友だち」追加を促進できるもの。これまで、企業・ブランドがアカウントの「友だち」追加を促進する施策としては、LINEスタンプの獲得をインセンティブとしたキャンペーンを実施するなどの方法があったが、新メニューはインフィード広告のみ、ノンインセンティブで「友だち」追加を促す施策となっている。

 そのため、よりロイヤリティの高い「友だち」獲得が見込めると同時に、「友だち」追加後のブロック率の低減も実現できる。

 また新メニューは、「友だち」に登録された時のみ費用が発生する「友だち追加課金型」であるため、LINEスタンプを活用したキャンペーン施策よりも低コストで開始することができ、企業・ブランドはより柔軟にプロモーション活動を展開することが可能になる。

 なお、現状の配信面はタイムラインのみ、配信フォーマットは静止画のみとなっており、既存の有効友だちも広告露出対象となる。

【関連記事】
第一回「LINE Biz-Solutions Partner Program」、認定パートナー発表
施策実施前後の購買行動を可視化!「LINE SP Solutions」に新たなメニューが登場
西武ライオンズ、電子チケットとLINE@活用開始 チャットベースのスマートスタジアム化を推進
LINE WORKS、サービス開始1年で契約企業数が約1万社に
LINEモバイルとソフトバンク、戦略的提携に向け基本合意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/02/23 08:00 https://markezine.jp/article/detail/27968

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング