MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CA、PARTYと新会社「CYPAR」を設立 AI×クリエイターで次世代ソリューション構築を目指す

2018/07/26 09:00

 サイバーエージェントは、クリエイター集団PARTYと共同出資の新会社として、「株式会社CYPAR (サイパー)」を設立した。

CYPAR企業ロゴ/Variational Autoencoderを用いて生成。機械学習によりロゴ形状が進化していく。

CYPAR企業ロゴ
Variational Autoencoderを用いて生成。機械学習によりロゴ形状が進化していく。

 CYPARでは、サイバーエージェントが保有するインターネット広告における研究開発リソースとAI活用のノウハウに、PARTYが強みとするテクノロジーとストーリーテリングを融合した体験デザインのノウハウを掛け合わせることで、次世代の表現開発を実現する新たなクリエイティブプロセスの構築を行っていく。また、企業のブランディング・コミュニケーション分野においても、CYPARの強みを生かしたクリエイティブとテクノロジーを掛け合わせた新しいソリューションを提案していく。

 研究開発拠点は、鎌倉にあるコレクティブオフィス北条SANCIに構え、会長兼CCOはPARTYの伊藤直樹氏が就任する。

伊藤直樹氏CYPAR 会長兼 CCO、PARTY CCO / Founder

伊藤直樹氏
CYPAR 会長兼 CCO、PARTY CCO / Founder

コレクティブオフィス 北条SANCI
コレクティブオフィス 北条SANCI

【新会社概要】
商号:株式会社CYPAR(サイパー)
設立日:2018年7月11日
所在地:東京都渋谷区猿楽町28番10号
代表者:代表取締役社長 内藤貴仁 会長兼CCO 伊藤直樹
資本金:1,500万円
事業内容:AIによるクリエイティブ・ソリューションの研究開発・提供

【関連記事】
O2O広告市場、5年後には約12倍に?【サイバーエージェント調査】
サイバーエージェント、Google広告の運用パッケージ「UAC Manager」を提供開始
サイバーエージェント、CA Wiseの不正検知ツールを強化 アプリ開発企業と連携し広告効果の数字検証
サイバーエージェント子会社、LINEとの共同プロジェクト開始 チャット特化のカスタマーサポート推進へ
サイバーエージェント、「京都グローバルクリエイティブセンター」を開設 東南アジア向けの広告配信を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5