SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

小学館、集英社、Fringe81の3社、マンガアプリへの広告出稿が可能な共同プラットフォームを提供へ

 小学館、集英社、Fringe81の3社は、マンガアプリへの広告出稿・運用が可能な共同プラットフォーム「MangaAdPlatform」を8月に提供する。

 同プラットフォームは、出版社のマンガアプリへの広告掲載とレポート作成に対応。マンガコンテンツに沿った広告表現を実現できる。

 リリース時には小学館の「マンガワン」と集英社の「少年ジャンプ+」の2つのマンガアプリにおいて、CPC入札による運用型広告を展開していく。

「MangaAdPlatform」アドフォーマットのイメージ
「MangaAdPlatform」アドフォーマットのイメージ

 また同プラットフォームのアドフォーマットには、マンガのコマ割りをイメージしたデザインや作品のマメ知識を載せたコンテンツなどが用意されている。

「MangaAdPlatform」のターゲティング配信
「MangaAdPlatform」のターゲティング配信

 さらに、マンガアプリ内の各種データを機械学習にかけることで、性別や年代によるターゲティングが可能だ。

 なお3社は、同プラットフォームに配信面となるマンガアプリや新しいアドフォーマットを順次追加していくほか、運用型広告での配信結果を基に、広告主サービスと相性の良いマンガ作品を発見するといったマーケティング領域全般への展開も検討していく。

【関連記事】
講談社のBtoB向けメディアに「マンガ検索」機能が追加 人気作品を商品・サービスの宣伝に起用
マンガ広告の制作~配信をワンストップで実施!and factory、トレンド・プロと新サービスを開始
毎日新聞社とシンフィールド、マンガを活用した広告プランをリリース 検証実験ではCTRが最大約25倍に
Amazon、マンガのセルフ出版ができる新プログラム「Kindleインディーズマンガ」をリリース
LINEマンガ、UIを刷新 23時間経つと無料で次話が読める機能「マイ連載」の提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/10 13:30 https://markezine.jp/article/detail/31524

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング