SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

動画広告の活用がもたらす価値に迫る(PR)

ユーザーのためになる動画広告を SMN×アルファアーキテクトの連携メニューがもたらす革新

両社が提携することで提供されるメニューは?

MZ:では、今回両社が連携することでどういったメニューを提供するのか教えてください。

伊藤:今回は、「VALIS-Cockpit」と「VeleT」間でシステムの連携を行いました。これにより、「VeleT」で配信したデータをもとに「VALIS-Cockpit」でカスタマージャーニー分析を行えるようになりました。もちろん「Logicad」の配信においても包括的に同じ情報を抽出することができます。

 わかりやすく言えば、「VeleT」「Logicad」で配信する動画のアウトプットの精度がより高くなるサービスとなっています。

MZ:なるほど。谷本さんから見て、このサービスのメリットはどこにあると思いますか。

谷本:テレビCMを出稿している企業の場合、テレビCM素材をそのままデジタル広告で活用するケースはまだ多いと思います。しかし、本来であれば、配信するターゲットのクラスタごとにメッセージを変えた動画素材を用意すべきです。さらに、配信したことによる効果が数字で明らかになるので、結果をもとに改善策を考え実行し、PDCAを回していくことが求められます。

 「VALIS-Cockpit」が持つ分析技術は国内特許も取得しており、ユーザーインサイトを発見する精度が非常に高いと思っています。その分析データを、動画広告の制作・配信に強みを持つアルファアーキテクトさんが活用することで、ただリーチする動画広告ではなく、潜在層から顕在層に引き上げていく動画広告の配信が可能になると思っています。

これまで見えなかったインサイトでの動画制作が可能に

MZ:連携サービスを使った事例はありますか。

伊藤:すでにいくつかの企業にはご実施いただけています。たとえば、大手脱毛エステの企業様では、テレビCMと価格訴求と機能訴求に特化したWeb動画しかクリエイティブがない状況で、新たな訴求を考えなければならない状況でした。

 そこで、「VeleT」や「Logicad」の配信結果をもとに「VALIS-Cockpit」でユーザーインサイトを分析してみました。すると、コンバージョンしているユーザーの多くが恋愛を意識して脱毛していることが明らかになったんです。

 それも、「VALIS-Cockpit」では時系列でわかるので、1ヵ月前に「恋愛したい」「彼氏欲しい」みたいなインサイトがあって、数週間後に彼氏ができてインサイトが変わってくる。これにより、「彼氏ができて○○週間後にはコンバージョンする」といったこともわかり、それに合わせて「好きな人ができた」「付き合いたて」という恋愛要素を盛り込んだクリエイティブを配信しました。

 現在効果検証をしているところですが、初速の数字は良かったです。さらに、継続してユーザーインサイトをウォッチし、異なるクラスタ向けの動画を複数パターン制作しています。

 クリエイティブって、どうしても勘や経験に頼ってしまう部分があると思います。それも重要ではありますが、「VALIS-Cockpit」を活用すれば、勘や経験の裏付けを取れます。また、多角的な視点でアイデアを発見することもできると思っています。

MZ:よりロジカルにクリエイティブが設計できるようになったんですね。

伊藤:そうですね。他にも、クレジットカードを提供する金融系の企業様でも、クレジットカードの発券タイミング前後にどういったインサイトを持っているのか分析しました。すると、「増税」や「ポイント」など様々なインサイトがある中で、「旅行」というのも大きいことが明らかになりました。その後旅行に関わるクリエイティブを展開して、現在PDCAを回しています。

 調査を行ったのが8月だったので、夏休みというシーズナリティがあったと思うのですが、それをきちんと分析して検証できるのは、「VALIS-Cockpit」を使った配信の強みだと思っています。

次のページ
最適なターゲットの範囲が明確に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
動画広告の活用がもたらす価値に迫る連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/11/28 11:00 https://markezine.jp/article/detail/32415

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング