MarkeZine(マーケジン)

記事種別

時流に即した指名KW強化でアプリDL数2倍!集英社×セプテーニのApple Search Ads活用

2020/07/30 10:00
目次

認知度が高いアプリでも指名キーワード強化が必要な理由

――指名キーワードでの広告出稿の提案には、どういった狙いがあったのでしょうか。

原田:ASAでは他社のアプリ名などのキーワードにも出稿することができるため、“ジャンプ”や“ジャンププラス”で検索したユーザーが、他のアプリへ流出してしまうのを防ぐ必要がありました。

 木根渕さんのお話にあったように、2月末は漫画アプリのニーズが高まっており、他社が集英社のコミック雑誌名や、作品名などのキーワードに多く入稿していました。つまり、App Storeで、“ジャンプ”と検索すると、オーガニック検索枠のさらに上の広告枠に、少年ジャンプ+ではないアプリが表示されている状況になっていたんです。

――なるほど。認知が取れているアプリにおいても、指名キーワードの対策は重要なのですね。

原田:はい。ASAは2018年8月に日本でリリースされたばかりですが、漫画アプリに限らず、他社のアプリ名などのキーワード獲得に広告費用を活用している企業は増えています。

PDCAを回しやすい運用体制

――ASAのような検索連動型の広告は、一度設定したら終わりではなく、配信を最適化するために細かな調整が必要かと思います。日々の運用はどのように行っているのでしょうか。

安立:指名キーワードについては、今回はインプレッションシェア(以下、インプシェア)を重視して運用を行いました。先々の運用方針は、媒体社と連携し決定しており、たとえば、CPIを重視したインプシェア強化などの施策を実施しています。

 また一般キーワードなどについては、各キーワード単位のCPIやCPD、継続単価を重視して運用を行っています。その調整のためには、ASAの管理画面やSDKのデータと紐づけてレポーティングする必要がありますが、時間や工数がかかるので、あまり現実的ではありません。そこで、セプテーニではTableauというツールを用いてキャンペーン、キーワード、獲得推移や配信進捗などを可視化し、レポーティングしています。これにより、LTVや継続率が高いキーワードの分析や、インプシェアなどを高頻度に確認できるため、タイミングを逃さずに最適なPDCAを回すことができる運用体制を整えています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5