SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

バロックジャパンリミテッドがブレインパッドと推進するマーケティングDXの軌跡とこれから

伴走することでバロックジャパンリミテッドの理想を実現

――約1年をかけてマーケティングDXの準備体制を整えてこられたと思いますが、DXを推進する上で、伴走するパートナーの重要性を感じる出来事はありましたか。

飯村:ECを運用していく中で、日々流動的にこちら側からの要望が出てくるのですが、ブレインパッド様はそれを即座に吸い上げ、施策に落とし込むために最適な方法は何なのか提案してくれています。

 今回の会員統合に関しても、我々が作った企画骨子に対して実現するためのアドバイスをブレインパッド様にしていただけたので、非常に助かっています。

株式会社バロックジャパンリミテッド 情報システム部 ソリューショングループ 飯村 孝太郎氏

柴田:デジタルマーケティングに関して多くの知見をお持ちなので、課題に対して、何をすべきかの論点が出てくるスピードがとても早いですね。検証データを用いながらサポートいただける点も助かっています。

松本:プロジェクト開始から週1回定例会を設けているのですが、その都度バロックジャパンリミテッド様と細かなコミュニケーションができていて、理想的な関係性が築けています。

久保木:施策のチューニングも緻密にご対応いただいています。たとえば「SHEL'TTER WEB STORE」では、スタッフのコーディネートをレコメンド表示しているのですが、その表示の仕方も単純に新作や売れ筋商品を出すのではなく、特定のスタッフのこのコーディネートといった人軸での表示ができないかと依頼をしました。このような依頼に対しても、適切な形で対応いただいています。

店員接客の良さをECに持ち込みたい

――最後に、皆さんの今後の展望を聞かせてください。

久保木:新会員制度も整備できましたので、それを生かしてよりブランドのファンがECサイトを使って購入してくれるような施策を、当社の強みでもあるブランド力を出せるいい塩梅で行っていけたらと思っています。

 ブランドごとにナーチャリングできるようになったので、セールのアナウンスだけでなく、通常金額の商品をいかに売っていくかにチャレンジしてみたいです。

飯村:個人的には、店員接客の良さをECに反映させるということに挑戦していきたいと思っています。店舗のスタッフがお客様を見てその人に合った商品をおすすめできるように、ECでの最適なレコメンドが、そのお客様にとって買いたくなる商品を提案してもらっていると感じられるようなシステムを構築していきたいです。

松本:バロックジャパンリミテッド様が実現しようとしている、科学的な接客はお客様の深い理解なしにはできず、簡単な取り組みではありません。

 顧客データもどんどん整いはじめ、顧客理解をする土台ができてきたので、DX推進のパートナーとして、そこは今後もしっかり支援させていただきつつ、さらに良くしていきたいと考えています。

 顧客理解を進めることで、冒頭で柴田さんがお話しされていたように生産や在庫の最適化というPOSデータだけでは理解しきれないことが沢山見えてきます。そのように将来を読む力としてデータを活用できる構想を練っています。

柴田:データは持っているだけでは意味がなく、それをもとにどうアプローチしていくかが大事なのは言うまでもありません。コンタクトポイントは揃ってきているので、あとはどう効率的に施策に活かしていくかを考えていきたいです。

 また、今蓄積・統合しているデータを活かしてお客様を可視化できる環境というのをさらに進めていき、全社に情報共有できるようになることで社員の意識も変化し、色々な業務改善にもつながっていくはず。

 その情報共有の役割を今はEC事業部が担いつつ、最終的に誰が回してもユーザーをファン化できる業務体制を築いていけたらと思っています。それに向けてKPI指標などの整備も行っていくつもりです。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/04/27 10:30 https://markezine.jp/article/detail/36069

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング