SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

『アフターデジタル』の誤解を取り払いたい。ビービット藤井氏が創ったフェス「L&UX2021」初開催

平日毎晩、UX思考を強化する2週間に

MZ:続いて、上流のゲームチェンジを知るためのセッションについても、おすすめをお願いします。

藤井:後者の視点では、こちらがおすすめです。

共鳴する世界観 -エコシステムと社会貢献
Sampo Hietanen氏(MaaS Global)/関 治之氏(Code for Japan)/谷本 有香氏(Forbes JAPAN)
5/18(火)18:00配信開始

 世界初のMaaSアプリとして知られる「Whim」を手掛けるフィンランド MaaS Global CEOのSampo Hietanenさんと、Code for Japanの創設者で社会起業家の関治之さん、Forbes JAPAN Web編集長の谷本有香さんに、エコシステムと社会貢献について話していただきました。大きな活動を目指すと立場の異なる組織や人々と自ずと協業することになりますが、すると“エゴシステム”になりがちでもある。そこをどう乗り越えてゲームチェンジを行うのか、今後のビジネスに多くの示唆をもらえる内容です。

収録の様子(左から、谷本氏、関氏)
収録の様子(左から、谷本氏、関氏)

MZ:ほかにも興味深いテーマがたくさんあります。平日毎晩、UX思考を強化する2週間として押さえたいところですね。

藤井:ぜひ。コンテンツには自信があります。来年以降の開催ももちろん視野に入れています。海外の方には、このフェスに出ることをひとつのステータスと思ってもらえるようにしたいですし、日本からUXを発信する場にもしていきたいです。

MZ:最後に、参加を検討している読者へのメッセージをお願いいたします。

藤井:今回、フェスのキャッチコピーとして「人が、その時々で、自分らしいUXを選べる時代へ。」と掲げており、これはL&UXを通して目指したい未来像を凝縮したものです。

 今の日本でUXというと、UI/UXが想起されることがほとんどだと感じています。Webやアプリのインターフェースも大事ですが、これはUXの一側面でしかない。UXとは体験そのものです。企業が提供する顧客接点を含めて、今やユーザーはさまざまなUXを自由自在に選んで享受しながら、日常生活を営んでいるという見方もできます。そうした考え方を参加者と共有できれば嬉しいですね。

 期間中には、それぞれのコンテンツを紐解く解説コンテンツとして、ライブディスカッションを配信します。ゲストをお呼びして、対談を視聴した感想や実践に活かすポイントをうかがっていくものです。あわせてご視聴いただけると、学びが深まると思います。

オンラインフェス「L&UX2021」概要

5月17日(月)~28日(金)にわたり、以下の4つのコンテンツを通して学べる、UXの祭典。
1.セッション:平日1本ずつ、計10本公開される対談動画コンテンツ。公開後は会期中いつでも視聴可能
2.ライブディスカッション:期間中に開催する、セッションを解説するライブコンテンツ(見逃し視聴なし)
3.レコメンデーションズ:登壇者が推薦する書籍や動画などを紹介
4.スポンサーズパーク:各企業の体験づくりの取り組みを公開
参加費:1と2の全視聴で5,000円(税別)/3と4は閲覧無料

詳細はこちらから!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/14 11:00 https://markezine.jp/article/detail/36213

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング