SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

人気TikTokクリエイター×ドミノ・ピザに聞く、TikTokマーケティング成功の秘訣

TikTokの動画が他のチャネルにも波及

MZ:お2人の動画の成果はいかがでしたか。

小山:お2人ともに、TikTokの動画に対するエンゲージメントはもちろん、他のSNSにTikTokの動画リンクがシェアされるなど、他のチャネルに波及していたのはとても印象的でした。また、エンゲージメントやリーチに関しても、想定以上の結果となっています。

MZ:ゆうたろうさんと修一朗さんにお聞きしますが、ドミノ・ピザの動画に対する反響はいかがでしたか。

ゆうたろう:広告だと思わなかったというコメントが多くて、視聴者の方に驚きを与えられたことが実感できました。また、動画の編集に関しても細かいところまでコメントがあり、最後まで動画を見ている方が多かったですね。

修一朗:動画の中で、修一朗らしさを崩さず表現できたことに対する反響は大きかったですね。視聴者の方も安心して見られたみたいで、コメント欄もすごくポジティブな声が多かったです。

TikTokではとにかく楽しいコミュニケーションを

MZ:小山さんは、今後TikTokをどのように活用したいですか。

小山:今後もオーガニック、広告ともにユーザーに楽しんでもらえるコンテンツを作って届けていきたいです。TikTokは他のプラットフォームと接触の仕方が異なり、特に可処分時間を楽しく過ごすためにTikTokを利用するユーザーが多いと思っています。

 そのため、広告であっても楽しいものであるべきだし、公式アカウントでオーガニック投稿しているコンテンツも楽しいものでなければなりません。リーチの拡大と楽しい空気感作りをゆうたろうさんや修一朗さんなどのTikTokクリエイターの力を借りながら行っていきたいです。

MZ:ありがとうございます。では最後に、ゆうたろうさんと修一朗さんからTikTokクリエイターのとしての今後の活動や目標について教えてください。

ゆうたろう:まずはフォロワー100万人を目指して、パルクールと別の何かを掛け合わせて様々な人に驚きやおもしろさを与える動画を作っていきたいと思います。

修一朗:僕は2021年中に300万フォロワーを目指すとともに、TikTokの顔になりたいです。まだ、TikTokと言えばこの人というブランディングができている人は少ないと思うので、テレビなど他のメディアでの露出も増やしていき、TikTokと言えば修一朗というイメージを作り上げたいです。

TikTok For Businessに関するお問い合わせはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/12 11:00 https://markezine.jp/article/detail/36276

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング