SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

運用自動化×機械学習でDLが10倍!ミクシィ「コトダマン」とUNICORNのアプリプロモーション戦略

運用作業を自動化することでASAのパフォーマンスを最大化

──UNICORNを活用してASAを運用することの特徴を教えてください。

須藤:大手SNSなどメガプラットフォームでの広告がリーチできないすべてのディスプレイ広告の運用・配信を自動化し、得られたデータを元に機械学習を行い、クライアント様のKPIに合わせて最適化する全自動マーケティングプラットフォームを提供しています。

 その一環として、ASAにおいて、膨大なデータ量による機械学習のロジックを活用し、ASAのパフォーマンスを最大化する全自動の配信ソリューションを提供しています。また、UNICORNのソリューションは、2021年9月に日本で初めてApple Search Adsの公式パートナーに認定されました。

横山:ASAは、ユーザーの検索キーワードに連動して配信されるため、キーワードの選定がとても重要です。

 UNICORNでは、年齢・性別などのデモグラフィック情報(オプトインされているデータのみ)を活用し、自動的に収集したキーワードを各セグメントに対して配信を行います。そのキーワードとセグメントの組み合わせは何千何万通りにもなりますが、各組み合わせに対し、最適な入札単価を導き出し、随時入札調整をかけながら運用を行なっています。

UNICORN株式会社 Senior Business Development 横山 裕治氏

──通常であれば、広告運用者がキーワードを考え、たくさんの組み合わせを作り、入札する。これらのアクションを、UNICORNは自動化するのですね。

横山:そうです。ASAのキーワード入札単価は、広告の反応はもちろん、時期や入札競合の状況など様々な要因で変動します。それらのケースすべてを反映して、UNICORNは最適な入札単価を24時間365日計算し続け、ASAのパフォーマンスを最適化・最大化します。また、収集されたキーワードや、セグメントとの組み合わせの中には人が思いつかないようなキーワードや組み合わせが現れる場合もあります。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

新しいユーザー層を発掘しリーチの拡大も可能に

──コトダマンに関しては、どのようにASAを運用したのでしょうか。

芳賀:まず、ブランドキーワードや指名キーワードによる検索に対しては、機会損失にならないように、しっかりとコトダマンの広告を配信する設計をしました。

 そして一般ワードや関連ワードは、コラボするIPコンテンツのファンをはじめとしたコラボと親和性が高いターゲット層を想定して設計しています。IPコラボは、検索されるであろう関連キーワードの幅がとても広く、UNICORNの機械学習による入札キーワードの選定がマッチしました。

UNICORN株式会社 Senior Business Development 須藤 恵輔氏

須藤:人の手による配信設定は、わかる範囲、想像しうる範囲でのキーワードやターゲティング設計となり、限定的になりがちです。

 UNICORNはまず全体的に配信を行い、効果を見極めて、入札のバランスを取ります。効果の良いキーワードとセグメントの組み合わせは配信を増やす対応を行い、効果が合わない組み合わせは入札を弱める。このような配信の最適化を行い、予算を最大限活用した配信の拡大に取り組みました。その上で、潜在ユーザーによるコトダマンの検索が増えるコラボ期間中は、特に配信の強化を行っています。

芳賀:加えてUNICORNから新たな関連ワードや準指名ワードの存在に気づき、私たちが想定していなかった「見つけられてきた」ユーザー層も明らかになりました。その方たちに向け、アプローチするキーワード群も増やしています。

須藤:そうですね。UNICORNでは、キーワードやセグメントの自動化により、これまでに気づいていなかったユーザー層の反応もわかります。入札対象キーワードの新しいご提案や、新たなユーザー層の発見など、今後のプロモーション戦略に活かしていただけるのではないかと考えています。

次のページ
テクノロジーを駆使し、一般キーワードのダウンロードが10倍に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/11 12:00 https://markezine.jp/article/detail/37845

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング