SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

Criteoが調査で明かす、実店舗・Eコマースに起こる5つのトレンド 対応策も解説

Criteoはコンテクスチュアル広告とリテールメディアで対応

――では、これらのトレンドや対応すべきポイントに対し、Criteoはどのようなソリューションを提供していくのでしょうか。

 大きく2つのソリューションが考えられます。1つはコンテクスチュアル広告です。Webサイトの閲覧者ではなく、Webページのコンテンツを分析し関連性の高い広告を配信する方法になりますが、今後のデータ規制に対する対応策としてメインになってくると思います。

 そして、もう1つはリテールメディアの提供です。こちらは小売事業者とCriteoがパートナーになり、各社のEC内に広告枠を設置し、そこにCriteoで広告が配信できるサービスです。海外ではウォルマートが広告会社を買収するなど、消費者との広告接点作り、広告でのマネタイズに対する動きが起きており、リテールメディアは注目されています。

 Criteoは商品をレコメンドする技術を持っているので、ユーザーの体験を損なうことなく、最適な商品の広告を配信することができます。

 日本ではまだこれからですが、今後対応が進んでくると思われます。

消費者とどういった関係性を構築したいか考える

――最後に、Eコマース活用に悩む企業に向けて、一言アドバイスをお願いいたします。

 ホリデーシーズンにおける売上を最大化するために、目的とターゲットとなるオーディエンスをきちんと定めることが重要です。「ホリデーシーズンだから、とりあえずセールをやろう」だけでは、競合に打ち勝つのは難しいはずです。きちんとターゲットと目的を決め、どのようなアプローチをするのか考える必要があります。

 そして、先ほど申し上げましたが、ホリデーシーズンはターゲットとする消費者と関係構築できるタイミングです。新規・既存のお客様とどういった関係を築きたいのかを考えることが求められると思います。

調査結果を資料で配布中!

 今回Criteoが発表したホリデーコマースレポートを無料で配布しています!記事で書ききれなかった内容も掲載されていますので、記事を読んで興味を持った方は、ダウンロードすることをおすすめします!
ホリデーコマースレポートはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/17 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37872

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング