SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Instagram活用のベストパートナー(PR)

商品タグ付き広告でCTRが1.37倍に!グッドイートカンパニーのInstagram戦略

 多くの企業がInstagramをマーケティングツールとして活用する一方、自社商品の「売り場」として捉えている企業はそう多くない。“タグる”ことで欲しいものを探し、オンラインで購買する人が増える中、Instagramを有効な販売チャネルとして活用するためにはどうすれば良いのか。本稿には、食のマーケット&ファンクラブ「GOOD EAT CLUB」を運営するグッドイートカンパニーと、同社のInstagram運用に伴走するサイバーエージェントが登場。2021年11月に両社が取り組んだ「商品タグ付き広告」活用施策の成果を振り返りながら、Instagramで売上最大化を実現するための戦略を聞いた。

幅広く捉えた「食」の魅力を届けるサービス

MarkeZine編集部(以下、MZ):まずはお2人のご経歴と現職でのミッションからお聞かせください。

毛利:今回協業させていただいたサイバーエージェントのグループ会社に新卒入社し、デジタルマーケティングの総合プランナーを経験しました。その後スタートアップ企業への転職や独立を経て、2020年にグッドイートカンパニー立ち上げのタイミングでジョインし、今に至ります。

グッドイートカンパニー マーケティングマネージャー 毛利源太氏
グッドイートカンパニー マーケティングマネージャー 毛利源太氏

毛利:現在はマーケティングマネージャーとして、Web広告やCRMなどデジタル関連のマーケティング施策全般を担当しています。

羽片:私は2009年にサイバーエージェントへ新卒で入社したのち、2010年にスマホアプリ事業を展開する子会社の代表を務めていました。

サイバーエージェント インターネット広告事業本部 統括 羽片一人氏
サイバーエージェント インターネット広告事業本部 統括 羽片一人氏

羽片:2014年に広告部門へ戻ってからはアドテクノロジーの責任者を務め、現在はInstagramなど主要プラットフォームのメディア売上責任者として、広告売上の拡大に取り組んでいます。

MZ:グッドイートカンパニーで運営されている「GOOD EAT CLUB」とはどういったサービスなのでしょうか?

毛利:GOOD EAT CLUBは新しい食のEC事業です。docomo社と、店舗やコミュニティ作りに強みを持つカフェ・カンパニー社がタッグを組み、2021年7月から本格的に事業を開始しました。

GOOD EAT CLUB Webサイトトップ
GOOD EAT CLUB Webサイトトップ

毛利:単なる食品(FOOD)ではなく食体験(EAT)を届けることを大切にしていて、「作り手や紹介者のストーリー」「おうちでの楽しみ方」など、おいしさだけにとどまらない食の楽しさを見つけていただけるサービスです。特徴は「Tabebito」と呼ばれる食の偏愛者たちが、大好きなお店や商品をパーソナルなストーリーとともに愛情たっぷりに紹介していること。ユーザーさんは気に入った商品をすぐに購入することができます。

「Instagram×食」は好相性

MZ:GOOD EAT CLUBではInstagramを通じた情報発信に力を入れているとうかがいました。

毛利:200点以上ある取り扱い商品の紹介のほか、GOOD EAT CLUBが大事にしている“食のシーン”を切り取り、「●●な時に食べたいもの」のようにユーザーの感情に訴え自分ごと化してもらえる発信の仕方を意識しています。

GOOD EAT CLUB Instagram公式アカウント
GOOD EAT CLUB Instagram公式アカウント

毛利:Webマーケティングに長く携わっているので、認知獲得の場やエンゲージメント向上の場としてのInstagramの重要性は理解していました。サービスの開始当初から「力を入れていきたい」と社内で話していましたね。

羽片:「Instagram×食」って、相性がとても良いんです。発見タブなどで新しい情報に出会えるのがInstagramの特徴なので、相性の良いプラットフォームで新しいお客さんにGOOD EAT CLUBの情報を届けられるのは魅力ですよね。

MZ:アカウントの開設当初から、運用パートナーとしてサイバーエージェントに協力を仰いでいらっしゃるそうですね。

毛利:弊社の役員がサイバーエージェント出身で、私自身もサイバーエージェントグループにいたため、施策のスピード感や実績の部分で絶大な信頼を寄せていました。InstagramやFacebook運用の知見は相当持たれているんじゃないでしょうか。

羽片:役員の方から、グッドイートカンパニーの立ち上げ前にサービスの構想を聞いていたんです。「ローンチ以降サービスを拡大したいからマーケティングを手伝ってもらいたい」というパスをもらったのが協業のきっかけです。

 現在はInstagramのオーガニックの投稿や動画コンテンツの企画制作に両社で取り組んでいて、私と毛利さんは主に広告まわりを担当しています。

次のページ
「商品タグ付き広告」で買い回りの促進を狙う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Instagram活用のベストパートナー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/27 12:00 https://markezine.jp/article/detail/37891

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング