SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

Cookieレス×フルファネルに対応!Criteoのコンテクスチュアル広告が持つ強み

ユナイテッドアローズが先行導入、その結果は?

――Criteoのコンテクスチュアル広告を、ユナイテッドアローズが導入したとうかがっています。どのような背景で導入に至ったのでしょうか。

三藪:元々、ユナイテッドアローズ様がCookieレスでの新しいアプローチ手法を検討していたのが導入の背景にあります。ちょうど検討し始めたタイミングでCriteoのコンテクスチュアル広告のベータ提供が始まっていたので、ご提案させていただき、実施する運びとなりました。

――実際に導入した結果、どのような成果が得られたのでしょうか。

三藪:導入にあたり他社の新規層向けメニューと比較したところ、CTRは800%、CVRは300%と非常に高い数字を記録しました。流入の新規割合も高く、購買意欲の高い顧客にリーチできたと評価いただき、現在も継続につながっています。

 現在、リターゲティングに関しても利用いただいているので、新規ユーザーへのアプローチからリターゲティングでの獲得までフルファネルでの提供ができている事例になります。今後もコンテクスチュアル広告で流入を、そしてリターゲティング広告でコンバージョンのアシストをさせていただきたいと考えています。

正式提供後は、潜在層アプローチの啓もうを

――最後に、今後の展望をお聞かせください。

池田:これまではベータ版の提供でしたが、2022年の早いタイミングで正式リリースを行いたいと考えています。コンテクスチュアル広告はユナイテッドアローズ様の事例からもわかるように、新規ユーザーの拡大に十分使える製品となっています。

 デジタル広告でアッパーファネルへのアプローチに予算を使っている企業様は現状多くない状況なので、今後は啓もう活動を行っていきたいです。

三藪:これからコンテクスチュアル広告に関連した市場は拡大していくと思います。その中で、Criteoがいかに高いパフォーマンスを返していけるか、お客様にお伝えしていきたいです。

 これまで、Criteoはリターゲティング広告でコンバージョン数の拡大やCPAの削減に貢献してきました。しかし今後は、アッパーファネルへのアプローチも強化し、優良なユーザーを集めるご支援ができればと思います。

 また、今後Cookieレスの浸透が進むと、計測に関しても新たな方法が求められると思いますので、広告主様はもちろん、代理店様も含めて今後の計測の形を模索していきたいです。

ユナイテッドアローズの活用事例資料を配布中!

 今回記事で紹介しているCriteoコンテクスチュアル広告を活用したユナイテッドアローズの事例に関する資料を、現在配布しています。記事では載せきれなかった内容も含まれているので、気になる方はぜひ資料もご確認ください! ユナイテッドアローズの事例資料のダウンロードはリンクより

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/21 10:30 https://markezine.jp/article/detail/38068

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング