SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine RESEARCH(PR)

社会の変化を追い風にするには?電通デジタルに聞くコロナ禍でも成長する企業の特徴とキーワード

企業が感じる3つの限界と対応

――様々な課題から、変化したくとも足踏みする企業もあると思います。どうすれば前に進めるのでしょうか。

永井氏:「変化への適応」という視点で、マーケティングアプローチにおいて、自社が感じている課題や限界を明確にしなければなりません。弊社に相談に来られる企業の多くはコミュニケーション、エンゲージメント、イノベーションの3点で既存の方法に限界を感じており、CRMなどのテクノロジーを活用して効率化し、競争優位を築きたいと考えています。

 まず、コミュニケーションについてです。

 たとえば、顧客とのコミュニケーションにおいて、コールセンターが重要なチャネルであることは周知の事実です。しかし、顧客セグメントによっては、Webサイト上でのチャットのほうが、効果が見込めるアプローチがあるかもしれません。ちょっとしたお知らせであればLINEで友だちとして繋がって発信することも当たり前になりました。顧客と繋がるチャネルの多様化・複雑化を捉えつつ、チャネルの特性を踏まえ、顧客が望むコミュニケーション手段の在り方を再定義する必要があります。

 次に、エンゲージメントについてです。

 顧客やユーザーとの関係性を維持するには、もはや、デジタルとリアルのアプローチの融合が不可欠です。

 CRMはデータドリブンな観点で、効率的に顧客と繋がり、関係性を維持・強化するために有効です。また、MAは、適切な顧客に、適切なタイミングで、One to Oneのアプローチでメッセージを配信し、顧客の態度変容を促すソリューションです。従って、顧客とのエンゲージメントを高める視点で、テクノロジー・データの活用が差別化のポイントとなります。成長している企業では、コロナ禍であるからこそ、デジタルを活用した顧客との物理的な距離を埋める取り組みや、これまでアプローチできていない顧客へのアプローチの強化が加速しています。

 最後に、イノベーションについてですが、デジタル施策の利点をビジネスチャンスに活かせているかどうかがポイントになります。デジタル化の大きなメリットとして顧客への素早いアプローチとデータに基づく顧客の反応捕捉が可能になる点があります。施策の反応がすぐわかるようになりますし、最適化もやりやすくなります。場合によってはデータ分析から兆候を捉え、未来を予測するなどサービス自体の在り方も変えていけます。

 ただし、現実的には、デジタルに振り切る企業は少なく、リアルをベースにデジタルを融合させたい、デジタルでしかできないことを取り入れたいという要望が大半です。分断ではなく融合の視点で、リアルとデジタル双方の価値の最大化を目指すことが重要です。

本調査の全結果とクロス集計の結果に加え、 「マーケティングをめぐる近年の動向の概観」や「主要マーケティングプラットフォーマーの動向」をまとめた『マーケティング最新動向調査 2022』は、翔泳社のECサイト「SEshop」でのみ販売しております。

本調査の全結果とクロス集計の結果に加え、「マーケティングをめぐる近年の動向の概観」や「主要マーケティングプラットフォーマーの動向」をまとめた『マーケティング最新動向調査 2022』は、翔泳社のECサイト「SEshop」でのみ販売しております。

『マーケティング最新動向調査 2022』の詳細をみる

次のページ
成長の鍵は組織改革と人材育成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine RESEARCH連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/18 12:00 https://markezine.jp/article/detail/38788

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング