SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

「日本は動画広告のチャンスも大きい」グローバル広告事業責任者が語る、Twitter広告のこれから

 米Twitter社のグローバル広告事業責任者を務める、JP Maheu氏が日本市場の視察のため来日した。本取材では、Twitter広告のグローバルや日本の現状、そして直近の広告プロダクトのアップデートや今後について話を聞いた。

Twitter成長の源泉は動画広告にあり

──直近のTwitterのグローバルにおける広告事業の概況について教えてください。

 Twitterの広告収益は皆様のおかげで好調で、グローバルで成長を続けています。2022年も、ウクライナ情勢などによるマクロ経済の変化の影響を受けながらも成長を継続しています。

Twitter VP, Global Twitter Client Solutions JP Maheu 氏
Twitter VP, Global Twitter Client Solutions  JP Maheu氏

 また、広告事業の売上の柱となっているのが動画広告です。広告の売上の約半分が動画広告によるものになっています。日本市場に関してはまだそこまでにはなっていませんが、今後動画広告の売上を伸ばしていけるチャンスがあると考えています。

──動画広告が好調なのにはどういった理由があるのでしょうか?

 大きく2つの理由があります。1つは動画の広告フォーマットが広告主に浸透してきたこと。テレビCMなどの素材を転用するなど、出稿するための準備が整っている企業が増えてきました。

 もう1つは、Twitterが動画プラットフォームとして進化してきたこと。NBAやJリーグ、K-POPなど、様々な人気コンテンツを保有するコンテンツホルダーとパートナーシップを結び、Twitter上での動画コンテンツを増やしてきました。これにより、Twitterで動画を見る利用者が増加したのです。また、これらのコンテンツホルダーの動画再生前にはAmplifyプレロールという動画広告が配信でき、これも高く評価いただいています。

日本市場の特徴は「検索」

──グローバルの広告事業の概況をご説明いただきましたが、日本市場に関してはいかがでしょうか。

 日本はアメリカに次いで2番目に大きな市場です。今回が新型コロナウイルスが流行して以降初めての国外出張なのですが、日本の広告主やパブリッシャー、エージェンシーの皆様に感謝を伝えたいと思い、日本という場所を選びました。それくらい日本は重要な市場だと考えています。

 また、2021年11月にTwitter Japanの代表取締役社長には永妻玲子が就任し、事業の健全性もより高まりました。

──他の国と比べて、日本市場の特徴的な点があれば教えてください。

 日本市場ではゲームアプリをはじめとしたモバイルアプリからの出稿が多く、アプリインストール広告など獲得に近いロウワーファネルの広告プロダクトの人気が強いことが特徴です。今回来日したのも、アプリプロモーションにおけるTwitter広告活用のベストプラクティスを勉強したいという目的があるくらいです。

 また、利用者の行動で特徴的なのが、検索です。我々の調査では、日本のTwittter利用者の7割以上がTwitterで検索をしており、他国と比較しても高い数字となっております。こういった日本の利用者ならではの行動にもとても関心があります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
直近でリリースされた、注目すべき3つの広告プロダクト

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業した結果、20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/08 09:00 https://markezine.jp/article/detail/39395

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング