SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

生活者データバンク

Z世代を知るために「言葉」をアップデート

 Z世代の特性を語るとき、「記号」のように引用されるいくつかの言葉がある。それらの言葉は一見すると彼・彼女たちをうまく捉えているようにも映るが、Z世代の発言や行動を注意深く観察・考察すると、その実態がスルリと滑り落ちてしまうように感じる方もおられるのではないだろうか。本稿では、「Z世代」を理解するための「言葉」へのアップデートにチャレンジしてみたい。

※本記事は、2022年8月25日刊行の定期誌『MarkeZine』80号に掲載したものです。

Z世代を理解したつもりになっていないか?

 いつの時代のマーケティングでも「世代特性」の理解は重要なテーマ性を持っている。「団塊世代」や「バブル世代」。「ゆとり世代」に「ミレニアル世代」。最近ではやはり「Z世代」、さらに年代が下がり「α世代」への注目も高まっている。

 諸説あるがZ世代は1997年〜2009年生まれの世代を示しているようだ。そして、Z世代は「デジタルネイティブ(あるいはテックネイティブ)」とも呼ばれ、生まれたときからインターネットやパソコンが身近にあり、様々なネットサービスに囲まれながら成長してきた世代でもある。

 この「Z世代」の特性を語るとき「記号」のように引用されるいくつかの言葉がある。それらの言葉はシンボリックで、一見すると彼・彼女たちをうまく捉えているようにも映るが、Z世代の発言や行動を注意深く観察・考察すると、我々マーケターが認識している「言葉(あるいは単語)」だと、その実態がスルリと手の中を滑り落ちてしまうような感覚にとらわれることもしばしば、である。

 もしかすると、私たちは「Z世代」を理解するための「言葉」へのアップデートが必要なのかもしれない。Z世代の姿を今よりもより鮮明に活き活きと眼前に立ち上がらせるためにもアップデートにチャレンジしてみたい、そうした想いが出発点にある。本稿では、一緒にZ世代に関する言葉のアップデートにお付き合いいただきたい。

情報接触にまつわる発見〜偶然の出会いは偶然か?

 2022年1月から約半年間かけて総勢50名の「Z世代」「α世代」へインタビューを行った。今回はその内容からアップデートすべき「言葉」をピックアップしていく。

 インタビューでは、まずは彼・彼女たちにとって情報収集の中心となるであろうSNSの使い方を聴取した。その中で「〇〇(SNS)で『偶然』見つけて……」という発言をよく耳にした。よくよく話を聞いていくと、SNSでの『偶然』とは“日々利用して自分好みにカスタマイズされたInstagramの発見画面やYouTubeのホーム画面で気になるものに出会うこと”であった。もちろん情報収集目的でもSNSは利用されているが、それ以上に情報接触=偶然の出会い目的でSNSを活用している傾向がうかがえた(図表1)

図表1 Z世代にとっての偶然の出会いとは
図表1 Z世代にとっての偶然の出会いとは

 「おすすめ画面」は各SNSのアルゴリズムが導き出した結果であり『偶然』ではないのではないか?という疑問が浮かび、ストレートに聞き直してみても、彼らにとってその画面は押し付けではなく『偶然』の出会いとして認識しているようであった。

 しかも、そのおすすめ画面をよりうまく活用するためにSNSのアカウントを複数作成し、自分の交友関係や趣味に応じたおすすめが表示されるように使い分けまで行っていた。人によっては10個以上のアカウントを使い分けているケースも見受けられたほどである。むしろ、SNSのアルゴリズムを逆手にとって、『自分好みの偶然』により多く出会うために活用しているのではないかとの印象を受けた。

 では改めて「ミレニアル世代」以上にとっての『偶然』とはどのようなものであろうか。それはテレビCMや広告、売り場での出会いや友人の口コミなど、他の影響をまったく受けずに発生した接触だと考えられる。つまり、同じ『偶然』と言っていても、「ミレニアル世代」が自分の『偶然』をイメージすると、彼らの実情とは乖離する懸念がある。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
消費行動にまつわる発見〜衝動買いは衝動か?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
生活者データバンク連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

田中 宏昌(タナカ ヒロマサ)

株式会社インテージ CBD本部 事業デザイン部 生活者研究センター センター長 1992年、電通リサーチに入社。1994年から電通の生活者データベース「d-camp」の開発に参画。2012年まで電通内の電通総研、消費者研究センターなど、社会および消費者研究セクションに駐在。「消費者理解」を起点として...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

三橋 紗和子(ミツハシ サワコ)

株式会社インテージクオリス リサーチ推進部 リサーチプランナー/モデレーター BtoB調査会社を経て、2019年にインテージクオリス入社。定性調査のリサーチャー・モデレーターとして消費財から耐久消費財、サービス、産業財まで、幅広く担当している。2022年にインテージグループ内で発足した、グループ・部...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

大野 貴広(オオノ タカヒロ)

株式会社インテージクオリス リサーチ推進部 リサーチプランナー/モデレーターSP会社、BtoB調査会社を経て、2018年にインテージクオリス入社。一次情報に触れてから分析を始めることを大切にしており、現在は定性調査会社で消費者の生の声と日々向き合っている。業務を続けていくうちに、自身で直接消費者の声...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/30 09:30 https://markezine.jp/article/detail/39774

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング