SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Yahoo!ニュース」のトピックスAPIがバージョンアップ、過去の見出しやトピックも参照可能に

 「Yahoo!ニュースWeb API」では、Yahoo! JAPANトップページなどで公開しているトピックスや関連データを提供しているが、今回新たに追加された「トピックス見出しアーカイブAPI」と「トピックスアーカイブAPI」によって、過去のデータもさかのぼって利用できるようになった。

 「トピックス見出しアーカイブAPI」では、「Yahoo!ニュース」のトピックスに掲載された見出しのデータを過去にさかのぼって提供。6月末までには2004年6月までの見出しを提供する予定となっている。また、「トピックスアーカイブAPI」では、「Yahoo!ニュース」のトピックスで扱っているトピック(国内や経済などのカテゴリよりも細かい分類基準)に関するデータを過去にさかのぼって提供する。

 いずれも期間を指定すると、その期間内に掲載された見出しやトピックを、カテゴリやトピック、フリーワードで絞り込んで閲覧可能。また、レスポンスをアクセス数が多かった順などでソートすることもできる。 

【関連記事】
ヤフー、Web APIのサンプルコード集を公開
ヤフーの社内ツールも公開、サービスの実験場「Yahoo!ラボ」公開
新聞系ニュースサイト利用者数1位は「毎日.jp」、ポータルからの流入で「Yahoo!ニュース」は絶大な影響力

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/06/16 13:05 https://markezine.jp/article/detail/7556

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング