MarkeZine(マーケジン)

記事種別

快挙!!鳥取和牛が「第11回全国和牛能力共進会 宮城大会」で初の肉質1位!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/09/13 18:04

鳥取和牛日本一感謝祭 開催 9月15日(金)~  平井伸治鳥取県知事 鳥取和牛トップセールス 9月15日(金)11:30~11:50

9月7日(木)から11日(月)までの5日間、宮城県で開催された和牛の品評会「第11回全国和牛能力共進会宮城大会」にて、全国の有名ブランド牛がひしめく中、「食のみやこ鳥取県」をスローガンに掲げている鳥取県(平井伸治知事)の代表牛「白鵬(はくほう)85の3」が初めて日本一に輝きました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/10422/56/resize/d10422-56-366515-2.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/10422/56/resize/d10422-56-982357-4.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/10422/56/resize/d10422-56-529988-3.jpg ]

 「全国和牛能力共進会」は、全国の優秀な和牛を5年に一度、一堂に集めて、改良の成果やその優秀性を競う全国大会で、11回目となる今回は、全国39道府県から過去最多となる種牛の部330頭、肉牛の部183頭の計513頭が出品され、鳥取県からは、種牛の部に18頭、肉牛の部に8頭を出品しました。鳥取和牛が日本一となったのは、種牛能力と産肉能力を総合評価する第7区のうち肉質を審査する部門で、「花の7区」とも呼ばれ、最も注目が集まる区です。今後は「白鵬85の3」を親とする肉質日本一の良質な鳥取和牛が生産され、日本中そして世界に向けて羽ばたくことが期待されます。


日本一を記念し、とっとりおかやま新橋館で「鳥取和牛日本一感謝祭」を開催

●9月15日(金)に平井知事によるトップセールスを実施
 今回の受賞を記念し、アンテナショップ・とっとりおかやま新橋館にて「鳥取和牛日本一感謝祭」を開催します。9月15日(金)には、平井伸治鳥取県知事による鳥取和牛のトップセールスを実施します。1階のプロモーションゾーンで、鳥取和牛の試食・販売を行います。
日時:9月15日(金)11:30~11:50  
場所:とっとりおかやま新橋館(東京都港区新橋1丁目11−7)

●ビストロカフェ ももてなし家では、鳥取和牛ローストビーフ丼を1日29食限定1,129(イイニク)円で特別提供
 また、2階の「ビストロカフェ ももてなし家」では、9月16日(土)から期間及び1日29(ニク)食の数量限定で、鳥取和牛を贅沢に使ったローストビーフ丼を1,129(いいにく)円の特別価格で提供します。さらに、ローストビーフ丼のライスを、なんと無料で鳥取和牛サイコロステーキに交換することができる「肉×肉スペシャル企画」も実施!


和牛の聖地・鳥取県


[画像4: https://prtimes.jp/i/10422/56/resize/d10422-56-350257-5.jpg ]

 「鳥取和牛」は、日本四名山の「大山」、「中国山地」に囲まれ、澄んだ空気、伏流水などの恵まれた自然環境で育った牛で、旨味成分の「オレイン酸」を豊富に含み、赤身と脂のバランスが絶妙です。味わいのある赤身にまろやかで甘い脂は口溶けがよく、とろけるような舌ざわり。脂の融点が低いので食後はあっさりしているのが特徴です。
 また、江戸時代に「大山」で開かれた牛馬市は日本三大牛馬市の一つとして隆盛を極め、昭和41年に、「第1回全国和牛能力共進会」で1等賞に輝いた鳥取県の「気高」号が全国のブランド牛の始祖として不朽の名を残すなど、鳥取県は歴史ある和牛の聖地として知られています。


今最も注目されている和牛「鳥取和牛」

 現在鳥取和牛は、全国の牛農家から最も注目されている和牛の一つとなっています。
 きっかけは、産肉能力の高さ(特にサシ:BMSナンバー)が群を抜き、これまでの全国平均値をはるかに超える種雄牛「白鵬(はくほう)85の3」、「百合白清(ゆりしらきよ)2」の誕生です。「白鵬85の3」、「百合白清2」の子牛を求めて、全国から多くの農家が鳥取へ集まっています。人口も牛の数も共に全国の0.5%程度しかない鳥取県が、全国の和牛業界を賑わせています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/10422/56/resize/d10422-56-660686-0.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/10422/56/resize/d10422-56-260673-1.jpg ]




「全国和牛能力共進会」について

 全国の優秀な和牛を5年に一度、一堂に集めて、改良の成果やその優秀性を競う全国大会で、通称「全共」と呼ばれています。雄牛・雌牛の体型の良さなど、改良成果を月齢別に審査する「種牛の部」と、枝肉の状態で脂肪の入り具合などの肉質を審査する「肉牛の部」あわせて9つの区分があり、全国の代表牛約500頭が出品、優秀な成績を収めることで、その和牛ブランドの市場価値が全国的に高まるため、参加道府県にとっては、まさに威信をかけた大会です。


鳥取和牛が肉質で日本一となった「第7区」について

 肉牛の部第7区は、各県自慢の種雄牛から生まれた種牛と肉牛を競う区であり、産地の改良成果が試されることから「花の7区」とも呼ばれ、大会で最も注目される区の一つです。各県が自慢のブランド牛を出品する中で、鳥取県は「白鵬85の3」を父とする牛を出品し、肉質を審査する肉牛部門で初めて全国1位を獲得。“小さくても勝てる”という県民スピリッツが見事に結実しました。


「第11回全国和牛能力共進会 宮城大会」概要

開催期間  平成29年9月7日(木)から11日(月) 5日間
開催場所  種牛の部+イベント:夢メッセみやぎ(宮城県仙台市宮城野区港3丁目1-7)
      肉牛の部:仙台市中央卸売市場食肉市場(宮城県仙台市宮城野区扇町6丁目3-6)
参加頭数  種牛の部330頭 肉牛の部183頭 合計513頭  ※史上最多
(鳥取県からは、種牛の部に18頭、肉牛の部に8頭を出品)
参加道府県 39道府県

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMESプレスリリース詳細へ

提供元:PR TIMES

プレスリリース一覧へ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5