MarkeZine(マーケジン)

記事種別

現地在住日本人が案内する人気シリーズ第四弾! カンボジア在住14年のライターが紹介する「癒しのプノンペン・シェムリアップ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/07/12 19:01

『現地在住日本人ライターが案内する 癒しのプノンペン・シェムリアップ』西村清志郎/著 7月21日(土)発売

この度、雑誌「TVガイド」や「TV Bros.」を発行する、株式会社東京ニュース通信社は、7月21日(土)に「現地在住日本人ライターが案内する 癒しのプノンペン・シェムリアップ」を発行します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-241104-1.jpg ]

本書は現地に在住する日本人のガイドが、その土地の魅力を日本人の好みに合わせて紹介していく、新しいタイプのガイドブックです。今回はシリーズ第4弾として、著しい経済成長を誇り、近年日本人の渡航客も増え続けている東南アジアの主要国カンボジアが舞台。この国の首都、プノンペンと、アンコール・ワットを有する観光都市、シェムリアップの2都市の魅力を、現地在住歴14年の著者、西村清志郎が余すところなく紹介します。


【目次より】
基本情報 /カンボジアの歴史、食文化、民族、言語 / カンボジアの祝祭日とイベント

-プノンペン-
[ハイクラスなレストラン]
Topaz トパーズ/Le Royal ル・ロイヤル/La Residence ラ・レジデンス/Sakana Lab サカナ・ラボ/Sushi Lab スシ・ラボ/Kravanh クラバン

[ローカルレストラン]
Phsar Thmey1 プサー・タマイム・オイ/Piccola Italia ピッコラ・イタリア/Nesat Seafood House ニサット・シーフード・ハウス /Ngon ンゴン /Farm To Table ファーム・トゥ・テーブル /Beijin Canteen 北京菜館 /Romdeng ロムデン/FCC エフシーシー/BBQ168 バーベキュー168

[Column] プノンペン観光スポット1.-ワット・プノン-

[カフェ]
Vibe Café バイブ・カフェ/Be.K Dessert&Coffee ビーケー・デザート&コーヒー

[Column] 市場・屋台をめぐる1.- 現地の生活に触れる-

[バー]
Chinese House チャイニーズ・ハウス/Hops Craft Beer Garden ホップス・クラフト・ビア・ガーデン /Battbong バットボン62 /SORA ソラ /Bassac Lane バサック・レーン/Hangar 44 ハンガー 44

[Column] 夕日を眺めながらメコン川を周遊 -カニカ・リバークルーズ -

[ハイティー]
Elephant Bar エレファント・バー/Khema La Poste ケマ・ラ・ポステ

[ショップ]
KURATA PEPPER クラタ・ペッパー/AMAZING CAMBODIA アメージング・カンボジア /Sui-Joh スイジョー /NyoNyum Shop ニョニュム・ショップ

[Column] JICAが変えていく、プノンペン「市民の足」-JICA-

[スパ]
Bodia Spa ボディア・スパ

[Column] プノンペン観光スポット2.3.-王宮、シルバー・パゴタ、独立記念塔ほか-
[Column] プノンペン観光スポット4.-トゥールスレン博物館ほか-
[Column] プノンペン中心部から足を延ばして -シルクアイランド・コッダイほか –

-シェムリアップ-
[ハイクラスなレストラン]
Le Grand ル・グラン/Malis Siem Reap マリス・シェムリアップ /Sokkhak River ソカ・リバー

[Column] アンコール・ワット - アンコール・ワット、バイヨン、タ・プローム -
[Column] シェムリアップ中心部から足を延ばして -バンテアイ・スレイほか-
[Column] 世界遺産を訪ねる -プレア・ヴィヒア、サンボー・プレイ・クック-
[Column] サンボー・プレイ・クックコラム - 古代と今が出合う場所 -
[Column] 聖なる山クーレンで楽しむ、クメール流休日体験 -プノン・クーレン-

[ローカルレストラン]
Ly Ly リー・リー/The Soup Dragon スープ・ドラゴン/Bugs Cafe バグズ・カフェ /Mamma Shop Italian Restaurant マンマ・ショップ・イタリアン・レストラン /Spoons スプーンズ/Le Malraux ル・マルロー/Muslim Family Kitchen モスリム・ファミリー・キッチン /Por Cuisine ポー・クィジーン/Champey Cooking Class チャンペイ・クッキング・クラス

[Column] 現地の暮らしが体験できるプログラム -メゾンドコートノー-

[カフェ]
Fresh Fruit Factory フレッシュ・フルーツ・ファクトリー /Temple Coffee&Bakery テンプル・コーヒー&ベーカリー /CAFE Roly Poly カフェ・ローリー・ポーリー

[Column] 市場・屋台をめぐる2 - 現地の生活に触れる-

[バー]
Asana Old Wooden House アサナ・オールド・ウッド・ハウス /Le Bel Air ル・ベル・エア

[ハイティー]
The Living Room ザ・リビング・ルーム

[Column] 遺跡を見るならこちら!-アンコール国立博物館ほか-
[Column] 夜のエンターテイメント -アプサラ・ダンスほか-

[ショップ]
IKTT / Institute for Khmer Traditional Textiles IKTTクメール伝統織物研究所 /Very Berry ベリー・ベリー /Khmer Yeung クマエ・ユーン /SALASUSU サラスースー

[Column] おすすめ旅行代理店&ゲストハウス -クロマー・ツアーズほか -
[Column] セグウェイ・カンボジア・ツアー -アクティビティー-

[スパ]
Spa Khmer、Kru Khmer スパ・クメール、クル・クメール

[Column] 湖上に浮かぶ日常生活を垣間見る、特別なレイク・クルーズ -トンレサップ湖 –

スペシャルな体験
Arunreas Hotel アルンレアス・ホテル /Raffles Grand Hotel D’angkor ラッフルズ・グランド・ホテル・アンコール /ANA 全日本空輸

[マップ]
プノンペン郊外/プノンペン市街/アンコールワット郊外/アンコールワット周辺/シェムリアップ市街


【著者紹介】●西村清志郎
1974年生まれ、高知県出身。JICAボランティアとしてカンボジア観光省マーケティング&プロモーション部に所属。学生のころより東南アジアを旅する。最初に入った会社を退職後、ニュージーランド、オーストラリアなどに留学。カンボジアに移住するきかっけとなったのは、友人の誘いを受け、カンボジアの孤児院でボランティアを始めたこと。ボランティア終了後は観光ガイド、フリーペーパーの出版事業などを経て、自分で会社を立ち上げる。飲食店経営、土産物店経営、ゲストハウス運営、さらにはドラえもんなど日本の漫画をカンボジアで出版したりと数々のビジネスを手がけ現地での人脈は幅広い。2017年まではフリーペーパー「くろまる」を編集、発行。「カンボジアで出会いたい100人」などカンボジア関連の書籍も出版している。

[画像2: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-454799-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-232017-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-363238-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-620867-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-871238-6.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-703575-7.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-296852-8.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-351682-9.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-209616-10.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/6568/479/resize/d6568-479-630915-11.jpg ]


【商品情報】
「現地在住日本人ライターが案内する 癒しのプノンペン・シェムリアップ」西村清志郎/著
● 発売日:2018年7月21日(土)※一部、発売日が異なる地域がございます
● 定 価:本体 1,500円+税
● 判 型:四六判、ソフトカバー、160ページ
● 発 行:東京ニュース通信社
● 発 売:徳間書店

全国の書店、ネット書店、弊社TOKYONEWS magazine&mook(http://zasshi.tv/)にてご購入いただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMESプレスリリース詳細へ

提供元:PR TIMES

プレスリリース一覧へ


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5